ソフトバンクとヤフーの共同出資会社「PayPay」が新しい決済サービスを開始している。

「PayPay」はサービス開始から「100億円あげちゃうキャンペーン」というとんでも企画を開催していたが、先日終了条件に達したためこのキャンペーンを終了している。

サービス開始から僅か10日で還元額が100億円を突破する好評なキャンペーンだったが、現在LINEの決済サービスが「LINE Pay」がこの波に乗ろうとしている。

「PayPay」も含めて現在はキャッシュレス化を推進する動きがあり、様々なサービスがシェア争いを繰り広げている。

LINEが運営する決済サービス「LINE Pay」もその1つで、現在「LINE Pay」が新たなキャンペーンを開始している。

「LINE Pay」が支払額の20%を還元する「Payトク」キャンペーンを開催

LINEの決済サービス「LINE Pay」が新たに実施するキャンペーンは「Payトク」と呼ばれ、基本的に「PayPay」が開催していたものと似ている。

キャンペーン期間中に「LINE Pay」で支払いを行うと、その支払額の20%(最大5,000円相当)が還元されるというもの。

ただし、「PayPay」と異なり還元されるのは20%だが、最大5,000円相当であるため、ターゲットはコンビニなどでのお買い物になるはずだ。

「PayPay」の際は主に家電量販店で消費が活発化していたが、「Payトク」ではその還元額の縛りから家電量販店はターゲットになりづらいと思われる。

期間中に「LINE Pay」で支払った分はいつ還元されるのかという話だが、これは2019年2月中に「LINE Pay」残高として還元される予定だという。

キャンペーンの実施期間は12月14日~12月31日まで。

「PayPay」のように還元額が100億円に達すると終了というわけではないようだ。

「LINE Pay」で支払いを行うことができるお店は、ローソン、ファミリーマート、ロフト、ライトオン、ジャンカラ等様々。

詳しくは下記リンクより各自確認していただきたい。

年末はお店も様々なキャンペーンを開催すると思われるため、「LINE Pay」と併用できる場合(基本的に問題ないはず)は更にオトクに買い物ができるかもしれない。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう