Xiaomiが2018年6月に発表した「Xiaomi Mi8」はフラッグシップモデルのパフォーマンスを持ち、ディスプレイ内指紋認証等2018年前半に発売されたスマホながら多くの新機能を搭載したスマホとして話題になった。実際に発売開始後僅か18日で100万台の売上に成功するなど、注目と実績が伴う良いデバイスだ。

「Xiaomi Mi8」の特徴は幾つかあるが背面のデュアルカメラで撮影した写真は品質が高いと多くのユーザーによって伝えられているが、2018年のスマホでカメラが特徴的というとGoogleの「Pixel 3」シリーズが挙げられる。「Pixel 3」シリーズはシングルカメラながら、ソフトウェアの作り込みの高さからとても品質の高い写真を撮影することができ、これまで難しいとされてきた暗い場所での写真撮影についてもこれまで以上に可能となりこのカメラ機能は「Night Sight」と呼ばれる。

現在Xiaomiは「Xiaomi Mi8」向けにカメラ機能を向上するためのアップデートをリリースしている。

「Xiaomi Mi8」向けにリリースされたカメラ機能を向上するためのアップデート内容について

Xiaomiが「Mi8」向けにリリースした新しいアップデートでは、Googleのスマホに実装されている「Night Sight」が実装されている。これによって「Xiaomi Mi8」でも暗い場所で写真をこれまで以上に撮影することができる。また、2018年10月に発売されてた「Xiaomi Mi MIX3」で実装された超スローモーションクリップを「Xiaomi Mi8」で撮影することができるようになった。超スローモーションクリップでは960fpsのビデオ撮影が可能だ。

これらのアップデートは現在「Xiaomi Mi8」と「Xiaomi Mi8 Explorer Edition」の2つのデバイスに展開されており、今後同様のアップデートが「Xiaomi Mi8 Pro」でも展開される予定だ。

また、Xiaomiによると「Mi8」は発売からわずか4ヶ月で販売台数600万台を突破したという。Xiaomiを含む多くの中国系OEMは年々シェアを拡大しており、次のスマホにも注目が集まる。2019年にも多くのスマホが発売されると思われるため、当サイトでも多くの最新情報をお届けしていく予定だ。

[source Xiaomi] 
[via Android Police]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう