「OnePlus 6T」向けにリリースされた最新のアップデート「OxygenOS 9.0.7」の内容について

source:OnePlus

OnePlusは日本時間12月12日にマクラーレンとコラボする「OnePlus 6T McLaren Edition」を発表する予定で、OnePlusがTwitter等で日々プロモーションを行っている。

厳密にはマクラーレンエディションは「OnePlus 6T」ベースと公言はしていないと思われるが、OnePlusは殆どのモデルでコラボレーションモデルを発表していることから、今度のマクラーレンとのコラボはまだコラボモデルが発売されていない「OnePlus 6T」になると思われる。

OnePlusがツイッター上で行っているプロモーションで、普通に「OnePlus 6T」であることが明らかにされていた。

可能性はかなり低いが、OnePlusが未発表の新しいデバイスを発表するのであれば、もっと大きなイベントで行うはずだ。

そんな中OnePlusは現在、マクラーレンエディションのベースモデルとして使用される可能性の高い「OnePlus 6T」向けに新しいソフトウェアアップデートをリリースしている。

「OnePlus 6T」向けにリリースされたこのアップデートは「OxygenOS 9.0.7」だ。

このアップデートには残念ながら2018年12月のセキュリティパッチは含まれていないものの、様々な修正が行われている。

またOnePlusは「OnePlus 6T」よりイヤホンジャックの搭載をやめ、ワイヤレス化への移行を推奨するようになっているが、これまで「OxygenOS」のオーディオチューナーのオプションは有線イヤホン(USB-C)接続でのみしか機能しなかった。

そのため、ワイヤレスイヤホンを使用しているユーザーはこれらのオプションを使用することができなかったのだが、今回のアップデートでBluetoothイヤホン用にもオーディオチューナーが対応している。

「OnePlus 6T」向けにリリースされた最新のアップデート「OxygenOS 9.0.7」の内容について

OnePlusがリリースした「OxygenOS 9.0.7」のリリースノートは以下の通り。

  • システム
    • Bluetooth接続時の安定性を改善
    • Wi-Fi接続時の安定性を最適化
    • スタンバイ時のバッテリー消費を最適化
    • ロック画面の壁紙の表示に関する問題を修正
    • 一般的なバグの修正と改善

 

  • カメラ
    • スローモーションビデオのパフォーマンスを改善

 

  • イヤホン
    • Bluetoothイヤホン用のオーディオチューナー
[source OnePlus] 
[via wccftech]