パンチホール型ディスプレイを採用した「Huawei Nova4」はいつ発表される? – 12月17日濃厚

2019年のスマホ業界のトレンドの1つは間違いなく「Hole in Display」になることは間違いないと見ている。

2019年2月に発表が期待されているSamsungの「Galaxy S10」シリーズを始めとする、様々なスマホがディスプレイにカメラ用の小さな穴が開けられているディスプレイ技術を使用するものと思われる。

この技術を使用したスマホの中には2018年中に発売が期待されているものもあり、その内の1つにHuaweiの新しいスマホが有る。

Huaweiが新しく発表するスマホは「Huawei Nova4」と呼ばれ、上記のようにディスプレイの左上にカメラ用の穴が開けられている事が明らかになっている。

既に、「Huawei Nova4」の実機画像が幾つか明らかになっており、その特徴の多くは明らかになっている。

「Huawei Nova4」のデザイン・特徴について

「Huawei Nova4」と思われるスマホの実機画像は中国のネット配信番組で既に明らかにされている。

明らかにされているのはスマホの表部分だけで、裏側は明らかにされていない。

ただ、これまでの情報から「Huawei Nova4」の背面は「Huawei P20 Pro」と殆どおなじになるのではないかと言われており、カメラもトリプルカメラになると言われている。

それらの情報を踏まえて作成された「Huawei Nova4」のレンダリング画像は以下になる。

「Huawei Nova4」はいつ発売される?

既に特徴の多くが明らかになっている「Huawei Nova4」だが、実際のところこのスマホはいつ発表されるのかという話だが、これまでの情報から少なくとも2018年中に発売すると言われていた。

しかし、最新情報によるとHuaweiは2018年12月17日に「Huawei Nova4」を発表するのではないかと言われている。

また、同じくパンチホール型のディスプレイ技術を使用すると言われているSamsungのミドルレンジモデル「Galaxy A8s」は12月10日に発表が期待されている。

既にHuaweiはWeiboに「Huawei Nova4」のティザー画像を公開しているため、基本的に「Nova4」は12月17日に発表されると考えて間違いないだろう。

「Huawei Nova4」がどの市場向けに発売されるのかについては現時点でわかっておらず、中国市場内でのみの販売になる可能性もあるだろう。

とは言え、中国市場で発売されることはほぼ間違いないため、Etoren等の個人輸入サイトより購入することは可能になるはずだ。

ブラッシュアップが進むディスプレイ技術が2018→2019でどれだけ進歩しているのかとても興味深い。