Samsungは先日予定よりも早くクリスマスプレゼントとして「Galaxy S9」シリーズ向けに「Android 9.0 Pie」への安定版アップデートをリリースした。このアップデートのリリース直後に寄せられたフィードバックでは目立った不具合等の報告はなかったが、現在気になる不具合が報告されている。

報告されている不具合はバッテリー消費に関するもの。バッテリー消費に関する不具合は「Galaxy S9」だけでなく「Android 9.0 Pie」が動作するデバイスの多くで報告されているものになるため、今回のバッテリー消費に関する不具合の報告が「Galaxy S9」向けにリリースされたものが原因なのかOSに依存するものなのかは現時点で不明。とは言え、一般的に「Android Oreo」よりも「Android Pie」の方がバッテリーは長持ちしやすい。

「Android 9.0 Pie」で動作する「Galaxy S9」でバッテリー消費に関する不具合が報告される

「Android 9.0 Pie」で動作する「Galaxy S9」で報告されているバッテリー消費に関する不具合は、多くのデバイスでも度々見られるバッテリーがやたら早く消費されてしまうというものだ。バッテリー消費の不具合は「Android OS」のアップデート時に常に報告される不具合の1つ。現時点でこれらの不具合が引き起こされる原因は不明だ。また、「Galaxy S9」向けに一部展開されているこのアップデートで報告されているこの不具合が多くのユーザーのデバイスで発生しているものなのか、一部限られたユーザーにのみ発生しているものなのかについても現時点では分からない。ただ、SamMobileのAbhijeet氏が所持する「Galaxy S9+」とSamMobileのフォーラムで1人のユーザーがこれらの不具合が発生していることを報告している。

これらは「Galaxy S9」向けの現在”一部地域”で展開されているアップデートで”一部ユーザー”若しくは”多くのユーザー”で発生していると思われるものになるため、Samsungがこれらの不具合を把握しているのかわからない。既にSamsungがこれらの不具合を把握しているのであれば、今後多くの地域で展開する際には修正されると思われる。

また、Samsungは安定版のアップデートをリリースしているが現在においてもベータプログラムを進行させているため、今後改良を重ねたアップデートを展開する可能性がある。日本で販売されている「Galaxy S9」も「Android 9.0 Pie」アップデートを受け取るため、これらの不具合が修正されたものがリリースされることを期待したい。不具合情報については今後の報告を待ってまとめたいと思う。

[source SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする