Samsungは2019年2月に新しい「Galaxy S10」シリーズを発表することが期待されており、既に韓国国内では「Galaxy S10」を地下鉄で使用しているユーザーを見たという報告も上がってきている。

これは関係者がテストを行う段階になると発見されやすく、Googleの「Pixel 3」等も同様に見つかる事があった。

また、既に詳細なレンダリング画像Olixarのケースデザインについても明らかにされており、これらの情報から「Galaxy S10」シリーズのデザインなどを推測してきた。

そんな中、これまでに見てきたものとは別の画面保護フィルムが明らかになっており、興味深いことが明らかになっている。

「Galaxy S10」シリーズで最も全面ディスプレイに近いのはエントリーモデルの「Galaxy S10 Lite」?

これが今回の情報で明らかにされた「Galaxy S10」シリーズの画面保護フィルムだが、手前からエントリーモデルの「Galaxy S10 Lite」、標準モデルの「Galaxy S10」、そして最も奥が「Galaxy S10+」の下だと思われる。

奥2つの画面保護フィルムは現行「Galaxy S9」等と同じように側面が曲面になっている、所謂エッジディスプレイの特徴が存在することが確認できる。

一方、最も手前の「Galaxy S10 Lite」のものと思われる画面保護フィルムはこれまでの情報からフラットディスプレイが使用される可能性が高いと言われており、今回の画面保護フィルムもフラットディスプレイが採用されていることを示している。

なぜ、「Galaxy S10 Lite」だけフラットディスプレイを使用するのか、という話だが、これは「Galaxy S10 Lite」がコストに優れたモデルになると言われており、フラットディスプレイの方がエッジディスプレイよりも安価に生産できることから判断したものとだと思われる。(真偽は不明だがフラットディスプレイならこの理由かと)

基本的に「Galaxy S10」もディスプレイ下部が最もベゼルが存在することが確認できるのだが、興味深いことにエントリーモデルに位置づけられる「Galaxy S10 Lite」のディスプレイ下部のベゼル幅は他のどのモデルよりも小さくなっていることが確認できる。

「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」はディスプレイ下部以外の面(左右上)の幅が等しく、ディスプレイ下部のベゼルが太いという特徴。

一方、「Galaxy S10 Lite」は上下左右全てのベゼル幅が同じになっていることが特徴的だ。

「Galaxy S10」シリーズはディスプレイ右上(Galaxy A8sは左上)にカメラが埋め込まれているという特徴を持った「Infinity-O」ディスプレイが使用される可能性が最も高いと言われている。

だが興味深いことに、今回明らかにされた「Galaxy S10」シリーズの全ての画面保護フィルムはフロントカメラ用の穴が設けられていないことが確認できる。

フロントカメラ用の穴がくり抜かれていないことは、「Galaxy S10」が「Infinity-O」ディスプレイを使用していないという証拠にはならないが少し気になる部分ではある。

画面保護フィルム等に関する情報は、初期段階でそのスマホの情報やイメージを共有するのにとても役立つが、反面フェイクを作りやすいというのも事実。

そのため、今回の画面保護フィルムについてもフェイクである可能性は否定できないため、いつものように参考程度に留めておくことをオススメする。

今後のより詳細な情報を待ち、どの情報が一番信憑性が有るのか精査したい。

[source Ice Universe/Twitter] 
[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする