ここ数日Samsungの新しいフラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズに関する情報が明らかになってきており、このスマホの特徴が日々分かるようになってきた。

Samsungは2019年2月に開催されるMWC2019で「Galaxy S10」を発表すると言われており、時期的に多くの仕様を確定する時期に差し掛かっている。

そのため、この時期から明らかになる情報の多くは実際に発売されるスマホとかなり近い情報を示すことが増えてくる。同時にフェイクも増えてくるのだが。。

スマホやタブレットなどの多くの特徴やデザインを伝えるものとして、そのスマホのケースデザインが挙げられる。

最近発売されているスマホの多くのデザん情報が明らかになるケースメーカーの1つに「Olixar」があるが、現在Olixarの「Galaxy S10」シリーズ全てのケースデザインが明らかになっている。

これによって、これまでの情報と合わせて「Galaxy S10」シリーズのデザインが更に明らかになっている。

「Galaxy S10」シリーズのケースデザイン - Olixar

OlixarよりSamsungのフラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズのケースデザインが明らかになったことで、このスマホのディスプレイサイズなどの特徴についても明らかになっている。

これらのスマホのディスプレイサイズは以前の情報から、「Galaxy S10 Lite」が5.8インチ、「Galaxy S10」が6.1インチ、「Galaxy S10+」が6.4インチになると伝えられていたが、今回のOlixarのケースデザインからも同様の情報が明らかになっている。

また興味深いことに「Galaxy S10」がフロント1、リア3の合計4つのカメラを搭載していることが確認できる。

そして「Galaxy S10+」がフロント2、リア4の合計6つのカメラを搭載していることがOlixarのケースデザインから明らかになっている。

これは、これまでの情報とは少し異なる部分で、合計6カメラを搭載するのはWSJのレポートによって明らかにされた第4の「Galaxy S10」(Beyond X)の特徴だとされている。

この点に関しては今後の情報を待って、どの情報が正しいのか吟味していく必要がある。

また、「Galaxy S10」シリーズは3.5mmイヤホンジャックを廃止するのではないかという情報があったが、今回のケースデザインや先日のレンダリング画像等から、「Galaxy S10」シリーズにはイヤホンジャックは搭載されているようだ。

とは言え、Samsungは「Galaxy A8s」では既にイヤホンジャックを廃止しているため、今後のスマホでは廃止される可能性は十分あるといえる。

これらの情報はOlixarのケースデザインによるもので、信頼性は比較的高いものだが、Samsung公式が伝えたものではない。

そのため過信しすぎないように参考程度にとどめていただきたいと思う。

他に興味深い情報が分かり次第直ぐにお伝えしたいと思う。

[source mobilefun] 
[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう