source:Phone Arena

Samsungは2019年2月に「Galaxy S10」シリーズを発表する可能性が高く、最新の情報ではフラットディスプレイを搭載したモデルとエッジディスプレイを搭載したモデルを区別するために「Galaxy S7」以来モデル名にEdgeと名付ける可能性があることが分かっている。

「Galaxy S10」シリーズは次世代ディスプレイ技術「Infinity-O」を採用すると言われているだけでなく、カメラ機能も大幅に向上することが期待されており、「Galaxy S10 Edge」や「Galaxy S10+」はトリプルカメラ構成になることや、新しい機能「Artistic Live Focus」を搭載する可能性があるという。

最も注目が集まっているのは間違いなく「Infinity-O」ディスプレイの詳細だが、現在「Galaxy S10」シリーズのディスプレイに関する新しい情報が明らかにされている。

「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy S10+」の解像度とアスペクト比が判明か

「Galaxy S10」シリーズには大きく3つのラインナップが存在するが、今回ディスプレイの詳細が明らかにされたのはエントリーモデルの「Galaxy S10 Lite」と上位モデルの「Galaxy S10+」だ。

まず、今回の情報はHTML5ブラウザのベンチマークテストの結果が明らかになったものだが、ベンチマークスコアは基本的にどの種類もフェイクを作りやすいため、今回の情報が実際とは異なる可能性があることには注意していただきたい。

「Galaxy S10 Lite」のディスプレイ解像度やアスペクト比について - HTML5ベンチマークスコア

さて、モデル番号「SM-G970F」の「Galaxy S10 Lite」のスコアは以下の通り。

この情報によると画面の解像度は760×360だと示されているため、ディスプレイの解像度は2280×1080になる。

これによって「Galaxy S10 Lite」のアスペクト比は19:9になる。

また、「Galaxy S10 Lite」はブラウザスコアが555の内514を記録している。

「Galaxy S10+」のディスプレイ解像度やアスペクト比について - HTML5ベンチマークスコア

次にモデル番号「SM-G975F」の「Galaxy S10+」のスコアは以下の通り。

この情報によると画面の解像度は869×469だと示されているため、ディスプレイの解像度は3040×1440のQHD+になる。

アスペクト比は「Galaxy S10 Lite」と同じ19:9。

また、「Galaxy S10+」はブラウザスコアが555の内499を記録しており、興味深いことに「Galaxy S10 Lite」よりもやや下回る数値を示している。

現行「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」のアスペクト比はどちらも18.5:9となっているため、今回の情報に基づくと「Galaxy S10」シリーズはやや縦長になっているようだ。

「Galaxy S10」シリーズは上下のベゼルが「Infinity-O」ディスプレイを採用することによって大幅に狭くなることが期待されているため、実際の筐体サイズは殆ど変わらない可能性がある。

同時に画面占有率も更に向上することが期待できる。

 

また、1つ注意点として執筆時点(12/21)で「Galaxy S10」シリーズは公式発表されておらず、モデル番号も3モデル判明しているが紐付けはできていない。

「Galaxy S10+」に関しては「SM-G975F」となっており、「Galaxy S9+」の「SM-G965F」と語尾が一致するため恐らくこの情報が正しいと思われる。

ただ、「Galaxy S10 Lite」のモデル番号はこれまでの情報に基づくと「SM-G970F」を示しているが、「Galaxy S9」は「SM-G970F」だったため、「970F」の付くモデルが実際には「Galaxy S10」(Galaxy S10 Edge)である可能性がある。

こうなる場合、「Galaxy S10」が「SM-G970F」で、「Galaxy S10 Lite」が「SM-G973F」である可能性がある。

そのためこの2モデルに関しては現時点でモデル番号とモデル名が紐付けられていないため、今後の情報を待って紐付けを行う必要がある。

また、「Galaxy S10」シリーズは「Infinity-O」ディスプレイを使用するだけでなく、次世代OLED材料の組み合わせである「M9」の構成で量産すると言われているため、更にディスプレイが美しくなることが期待できる。

[source mobilkopen] 
[via wccftech , SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする