source:Phone Arena

Samsungは2019年2月に新しいスマホ「Galaxy S10」シリーズを発表することはこれまでの情報から明らかにされており、これまでの情報から多くの点でアップグレードを受けるメジャーアップデートモデルになることが期待されている。

「Galaxy S10」シリーズには大きく3つのラインナップが存在し、通常モデル・ディスプレイの大きな上位モデル、そして新たにコスパに優れたエントリーモデルが存在する。(5G対応の特別モデルも有り)

さて、これら3つのモデルはこれまでの情報から、通常モデル「Galaxy S10」、上位モデルの「Galaxy S10+」、そして「Galaxy S10 Lite」と呼ばれてきた。

「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」はこれまでのシリーズ同様エッジディスプレイを採用し、新しいディスプレイ技術「Infinity-O」を採用すると言われている。

それに対して「Galaxy S10 Lite」はより安価に生産できるフラットディスプレイを使用すると言われてきた。名称についてもこれら3つについては基本的に高命名されるものと考えられていた。

しかし、mobilefunからの最新の情報で「Galaxy S10」のモデル名に関する興味深い情報が入ってきている。

「Galaxy S10」は「S7」以来の「Edge」モデルと命名か

Samsungは「Galaxy S7」まで「Galaxy S7」と「Galaxy S7 Edge」という2つのモデルが存在し、エッジディスプレイを表す「Edge」と名付けていた。

しかし、「Galaxy S8」以降「Infinity Display」を搭載することで敢えて「Edge」と名付けることは辞め、「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」のようにPlusと名付けられるようになった。(Galaxy S9も同様)

だが、Samsungは現在3つのモデルを開発しておりその内1つのモデル(Galaxy S10 Lite)はフラットディスプレイを採用すると言われている。

そのためSamsungはフラットディスプレイとエッジディスプレイを区別するために通常モデルを「Galaxy S10」ではなく「Galaxy S10 Edge」と名付ける可能性があるようだ。

よりディスプレイが大きなモデルは「Galaxy S10 Edge+」ではなくこれまで通り「Galaxy S10+」になるという。

これはSamsungの正規販売代理店mobilefunがSamsungから受け取った情報のようで、比較的信頼性は高いが、これまでに「Galaxy S10」の標準モデルが「Galaxy S10 Edge」と呼ばれる情報は見ていない。

そのため、この情報がミスリードを狙ったものやフェイクである可能性もあるため、参考程度に留めておくことをオススメする。

[source mobilefun] 
[via SamMobile]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう