Samsungが「Infinity-O」ディスプレイを採用した新しいミドルレンジモデル「Galaxy A8s」を発表している。

公式発表が行われたとは言え、現時点ではまだ不明な点も存在するこのスマホだが、現在「Galaxy A8s」のベンチマークスコアがGeekbenchより明らかにされている。

GeekbenchスコアはAnTuTuスコアのように多くのスペック情報は明らかにならないため、スコア以外は既に明らかにされていた情報だ。

「Galaxy A8s」のベンチマークスコアについて - Geekbench

「Galaxy A8s」は公式発表まで発見されておらず、今回のリークがこのスマホ最初のベンチマークスコアだと思われる。

上記画像によると、「Galaxy A8s」はクアルコムのミドルレンジモデル向けチップセット「Snapdragon710」を搭載しており、メモリ容量はこのモデルだと6GB搭載している。メモリ容量は6GBと8GBのモデルから選択することが可能だ。

また、搭載しているOSは「Android 8.1 Oreo」を搭載していることも確認できる。

「Galaxy A8s」のパフォーマンスについてだが、今回のGeekbenchのスコアに基づくと以下の通り。

シングルコアスコア マルチコアスコア
1819 5675

「Galaxy A8s」はミドルレンジモデルに位置づけられるため、フラッグシップモデルと比較するのはナンセンスだが、「Galaxy A8s」のGeekbenchスコアは、「Galaxy S7」以上「Galaxy S8」以下。雑に表すとこんな感じ。とは言え、この2つのスマホの差は大きい。

  • Galaxy A8s: 1819/5675
  • Galaxy A9(2018): 1609/5844 (Snapdragon660)
  • Huawei Nova3: 1902/6783
  • Galaxy S7: 1538/3724
  • Galaxy S8: 1946/6401

「Galaxy S8」とパフォーマンスがとても近いが、これには理由がある。

「Galaxy S8」に搭載されているチップセット「Snapdragon835」と「Galaxy A8s」に搭載されている「Snapdragon710」は同じ10nmプロセスを採用して製造されているという共通点を持っている。

ベンチマークスコアによると、「Galaxy A8s」は「Galaxy S8」と近いパフォーマンスを引き出すことが示されているが、実際のパフォーマンスとベンチマークスコアは必ずしもイコールではない。

そのため、実際のパフォーマンスなどについては多くのユーザーの手に届いてから判断を待ったほうが懸命だと言える。

今後「Galaxy A8s」のAnTuTuスコアなどについても明らかになってくると思われるため、今後の情報に期待したい。

[via Android Soul]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう