GoogleのAIアシスタント「Google Assistant」は最初Pixelスマホ専用の機能として市場に登場したが、今やスマートスピーカーに搭載され、Androidの標準アシスタントになるまで成長している。

「Google Assistant」は2年前にPixelスマホに実装されて以来、現在対応言語は17にまで増加しているが、Googleは新たにより多くの言語をサポートすることを明らかにしている。

「Google Assistant」は既に日本語をサポートしている。

「Google Assistant」の対応言語一覧

これまでにサポートされていた言語一覧
  • Chinese (Traditional)
  • Danish
  • Dutch
  • English (Australia, Canada, Singapore, UK, US)
  • French (Canada, France)
  • German (Germany)
  • Hindi
  • Indonesian
  • Italian
  • Japanese
  • Korean
  • Norwegian
  • Portuguese (Brazil)
  • Russian
  • Spanish
  • Swedish
  • Thai
新しくサポートする言語一覧
  • Arabic (Egypt, Saudi Arabia)
  • Bengali
  • English (India, Indonesia, Ireland, Philippines, Thailand)
  • German (Austria)
  • Gujarati
  • Kannada
  • Malayalam
  • Marathi
  • Polish
  • Spanish (Argentina, Chile, Colombia, Peru)
  • Tamil
  • Telugu
  • Turkish
  • Urdu

「Google Assistant」がこれらの言語を新たにサポートすることは間違いないが、Googleは現時点でこれらについて公式アナウンスを行っていない。

Googleは年初に「Google Assistant」の対応言語が30以上になることを明らかにしていたが、既に年末が近いことから近い内にGoogleから正式にアナウンスが行われるはずだ。

[via XDA-Developers]

Wonder-Xの最新情報をチェックする