現代戦を舞台として、本格的なFPSとして期待されている「World War3」は先日「チームデスマッチ」等を追加するための0.2アップデートをリリースしている。

アーリーアクセス版を開催している現在は、まだまだ改善するべきところが多く、また実装が望まれている機能等も多くユーザーによって伝えられている。

今後の動向に注目が集まっている「World War3」のロードマップを開発のFarm51が公開しているのでシェアしたい。

そのロードマップによると、この「World War3」は2019年冬に日本語版の対応が行われることが明らかにされている。

また、製品版までのロードマップだけでなく、製品版リリース時に用意されるマップや機能、モードなど多くの情報が明らかになっている。

「World War3」のロードマップ

2018年秋に実装予定

アップデート0.2 [実装済]

  • チームデスマッチの実装
  • チームデスマッチ用マップ”SHOPPING MALL”の実装
  • 新武器やビークル
  • 新しい衣装
  • 武器スキンやパーツ
  • ローカライズシステムの準備
  • オーディオの改善
  • アニメーションの改善

現代戦FPS「World War3」に「チームデスマッチ」や新武器を実装する大型アップデート(ver 0.2)がリリース

2018.11.25

アップデート0.3

  • ゲームモードのバランス調整
  • 新マップ”SMOLENSK GATE”のアルファ版の実装
  • 新戦車やSCHA-H等の新武器の実装
  • 米国海兵隊
  • クリスマスアクセサリー
  • 言語対応:ポーランド語/ドイツ語/ロシア語
  • オーディオの改善
  • アニメーションの改善

 

2018年冬、2019年冬実装予定

アップデート0.4

  • 新しいゲームモード”Recon”の実装
  • チームデスマッチ用マップ”ベルリン”の実装
  • 新しいストライク”ヘリコンバットドローン”の実装(大型ドローン)
  • 個人防衛用の新武器やユニフォーム
  • 武器スキンやパーツ
  • 言語対応:日本語

 

アップデート0.5

  • ゲームモードのバランス調整
  • 新マップ”ARCTIC”のアルファ版の実装
  • イギリス製装甲戦闘車両(AFV)の実装
  • 新武器”CARL-GUSTAV M4”の実装
  • イギリス軍兵士
  • 武器スキンやパーツ
  • 言語対応:中国語
  • 移動システムの改善

 

アップデート0.6

  • コミュニティゲームモード
  • チームデスマッチ用マップ”モスクワ”の実装
  • 新マップ”SMOLENSK GATE”のベータ版の実装
  • ロシア製ドローンの実装(SORATNIC DRONE)
  • 新武器”M4A1”の実装
  • フランス陸軍
  • 武器スキンやパーツ
  • 言語対応:フランス語
  • 新移動システムのプレビュー

 

将来的に実装予定の機能について

  • 新しい移動システム
  • 新マップ”SMOLENSK GATE”と”ARCTIC”の最終版の実装
  • 新しいゲームモード
  • 新しいマップと改善
  • アジア戦線
  • 新しいストライク、新武器、武器スキンやアイテム、軍隊、ボイスオーバー等
  • 更なる言語対応

 

製品版「World War3」に実装されるコンテンツ

  • 5つのゲームモード
  • 9つのマップ
  • 40以上の武器
  • 30以上のストライク
  • 20以上のガジェットや装備品
  • 何千ものカスタマイズの組み合わせ
  • 数百の武器スキンやアイテム
  • 16の衣装
  • 6以上のボイスオーバー言語
  • 9種類の言語対応

Wonder-Xの最新情報をチェックする