任天堂が「Nintendo Switch」向けに新しいシステムアップデート6.20をリリースしている。

このアップデートには主にシステムの安定性の向上等の内容が含まれており、基本的な内容はいつものアップデートの内容と同じのようだ。

しかし、任天堂が公開しているリリースノートの他に何らかの不具合の修正等が行われている可能性も充分あるだろう。

「Nintendo Switch」向け最新のシステムアップデート6.20の内容について

6.2.0(2018年11月20日配信開始)

システムの安定性や利便性の向上

  • より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上させました。
本体更新時のご注意

本体の更新は、Nintendo Switch本体が正常な状態で行ってください。

  • Nintendo Switch本体を改造したり、任天堂がサポートしていない周辺機器やソフトウェアを使用したりすると、本体の更新でNintendo Switch本体が動作しなくなるおそれがあります。
  • 通常の使用方法以外の方法で作成されたセーブデータや、任天堂がサポートしていないデータなどがNintendo Switch本体内にある場合は、故障の原因となるだけでなく、安心してご使用いただけなくなるおそれがあるため、そのようなデータなどが自動的に除去される場合があります。

上記のような異常な状態で本体を更新した場合は、動作を保証いたしません。また、修理や保証の対象外となります。

任天堂はシステムアップデート6.00のメジャーアップデートの際に、様々な機能を実装しており、「Nintendo Switch Online」の正式サービスの開始やセーブデータお預かり機能などを実装している。

「Nintendo Switch」向けに最新のファームウェアアップデート6.00がリリース! - Switch Onlineやセーブデータお預かり機能等

2018.09.20

Wonder-Xの最新情報をチェックする