Bethesdaの「フォールアウト76」がPC、PS4、そしてXbox One向けに先日より製品版が発売され、多くのユーザーによって楽しまれている。

シリーズ初となるマルチプレイ専用となった事で、様々な意見があるこのゲームだが基本的に「フォールアウト」の世界観は変わらず健在だ。

NPCがいない事による寂しさなど、ゲームのコンテンツに関するレビューは今回はしないが、「フォールアウト76」はシステム的にユーザーから強く望まれているある機能が実装されていない。

それは特にPCでのプレイ時に気になる部分になるのだが、「フォールアウト76」には視野角を変更するためのFOVスライダーが現時点で実装されていない。

これは、ウルトラワイド画面を持っていてもディスプレイの性能を活かすことができなかったり、人によっては視野角が感覚と合わず酔いやすくなったりするだろう。

しかし、Bethesdaによると「フォールアウト76」は2018年中に視野角を変更するためのFOVスライダーの実装や、ウルトラワイド画面用(アスペクト比21:9)をサポートすることが明らかにされている。

また、11月19日の次のアップデートの詳細についても明らかになっている。

それぞれ見ていきたいと思う。

「フォールアウト76」の最新(11/19)アップデート内容と年末までに実装される機能について

  • 11月19日パッチ  - 次回のアップデートでは、  主に全てのプラットフォームでゲームのパフォーマンスと安定性の向上に重点を置く予定だが、クエストやUI、CAMPなどについても幾つか修正される。パッチノートは来週初めにリリース予定。このアップデートは、今後予定されているパッチと比較して容量が大きくなる予定。定期的なアップデートの容量は毎回異なるが、今後のアップデートの容量は比較的小さくする予定。
  • 収納箱容量の増加  - 今後数週間で収納箱の最大容量を増加する予定。現在の制限は、ゲーム世界の全てのコンテナや収納箱に含まれるアイテムのトラッキングを考慮した技術的な制限だった。短期的にも長期的にも、安定性を損なうことなく容量の制限に対処する方法を持ち合わせてはいるものの、実装自体は慎重に行っていく予定。
  • PC向け・プッシュ・トゥ・トーク - PCユーザー向けにプッシュ・トゥ・トーク機能は今後数週間のうちにリリースされるアップデートで実装する予定。
  • Ultrawide(21:9)のサポート - ウルトラワイドディスプレイを使用しているユーザー向けにアスペクト比21:9をサポートする予定。テストを行った感じだと、とても素晴らしい出来だとのこと。
  • PC向け・視野角変更(FOVスライダー) - Bethesdaは視野角を変更可能になることが多くのPCユーザーによって望まれていることを理解しており、直ぐに視野角を変更可能にするためのFOVスライダーを実装する予定。
[source Bethesda.net]

Wonder-Xの最新情報をチェックする