【製品版】「バトルフィールド5」をプレイするために必要なスペックが明らかに – RTXオン時のスペックも

DICEが11月発売予定の「バトルフィールド5」のPC版をプレイするために必要なシステム要件を明らかにしている。

PC版をプレイするために必要なスペックについてはαテストの際に既に明らかになっていたが、今回更新された最終盤もこの時のものととても似ている。

また、最小スペックや推奨スペックだけでなく、NVIDIAが9月に発売した「RTX2080」等に搭載されているRTX(リアルタイムレイトレーシング)機能とMicrosoftのDXR APIをオンにしたRaytracedバージョンの推奨スペックについても明らかにしている。

RTX機能をオンにした際の推奨スペックは、一般的な推奨スペックと比較しても明らかに重くなるようだ。

「バトルフィールド5」を快適にプレイするために必要なスペックについて

プレイするための最低限必要なスペック【最小スペック】

  • OS: 64-bit Windows 7, Windows 8.1 and Windows 10
  • CPU (AMD): AMD FX-8350
  • CPU (Intel): Core i5-6600K
  • メモリ: 8GB RAM
  • グラボ (NVIDIA): NVIDIA GeForce® GTX1050 / NVIDIA GeForce® GTX660 2GB
  • グラボ (AMD): AMD Radeon™ RX560 / HD7850 2GB
  • DirectX: 11.0に対応しているグラボと同等品
  • インターネット接続: 512kbps以上のインターネット接続
  • 空きストレージ容量: 50GB

快適にプレイするために必要なスペック【推奨スペック】

  • OS: 64-bit Windows 10以降
  • CPU (AMD): AMD Ryzen3 1300X
  • CPU (Intel): Intel Core i7-4790と同等品
  • メモリ: 12GB RAM
  • グラボ (NVIDIA): NVIDIA GeForce® GTX1060 6GB
  • グラボ (AMD): AMD Radeon™ RX580 8GB
  • DirectX: 11.0に対応しているグラボと同等品
  • インターネット接続: 512kbps以上のインターネット接続
  • 空きストレージ容量: 50GB

RTX機能をオン(Raytraed)にした場合のスペック【推奨スペック】

  • OS: 64-bit Windows 10 October 2018 Update (1809)
  • CPU (AMD): AMD Ryzen 7 2700
  • CPU (Intel): Intel Core i7 8700
  • メモリ: 16GB RAM
  • グラボ (NVIDIA): NVIDIA GeForce® RTX 2070
  • DirectX: 11.0に対応しているグラボと同等品
  • インターネット接続: 512kbps以上のインターネット接続
  • 空きストレージ容量: 50GB
[via wccftech]