Apple「iPhone」の5Gネットワーク対応モデルは2020年に発売か

最近5Gネットワークに対応したスマホを様々なメーカーが開発中であることが明らかになっており、OnePlusでは公式に5G対応スマホを発売することを明らかにしている。

また、Samsungの「Galaxy S10」にも5G対応モデルが存在するとこれまでのリーク等から明らかになっているため、2019年中に5G対応スマホが発売される可能性がある。

そうなると、Appleの「iPhone」の5G対応はいつなのかという話だが、Fast Companyからの最新の報告によると、Appleは2020年に5G対応の「iPhone」を発売する予定だという。

Apple「iPhone」の5G対応モデルはいつになるのかという話

Fast Companyからの報告によると、Appleは2020年に5G対応「iPhone」を発売する予定だという。

OnePlusやSamsungが2019年中に5G対応スマホを発売する可能性が高いことから、Appleの対応が遅いのではないかと一瞬思ってしまうが、5Gネットワークの普及時期を考えると特別遅いわけではない。

海外では2019年より5Gネットワークの提供が始まり、徐々に普及が始まる予定だと伝えられているが我々が住む日本においては5Gネットワークの提供開始が2020年を予定しているため、日本のことを考えるとAppleが2020年に5G対応スマホを「iPhone」を発売するという情報は意外と丁度良いのかもしれない。

またAppleは他のメーカーよりも先行して新技術を投入することは少なく、一歩待つ姿勢が多いという点からも2019年にこのモデルを発売しないというのは頷ける話だ。

さてAppleはこの「5G iPhone」を実現する為にIntelの「Intel 8161 5G」モデムを使用する予定だと伝えられている。

「Intel 8161 5G」は10nmプロセスを使用して製造される予定で、これによってトランジスタの密度が向上し、より高速で通信効率が向上できるという。

しかしAppleは最近Intelにモデムの発熱問題の面で不満を抱いているとも伝えられており、代替案(プランB)としてMediaTekの5G対応モデムの仕様も検討しているとのこと。

ただMediaTekの5Gモデムはコスト面で優れておらず、用途をスマホ用としていないため、Intelの「8161 5G」モデムが使用される可能性が高いと見て良いのではないだろうか。

[source Fast Company] 
[via Geeky Gadgets]