Appleの新型「iPad Pro」(2018)のベンチマークスコアがGeekbenchより明らかに – 「MacBook Pro」に匹敵

Appleは先日新型「iPad Pro」を発表した。

新型「iPad Pro」には「iPhone XS」に搭載されている「A12 Bionic」を更に強化した「A12X」チップセットが搭載されている。

「A12X」は「A12 Bionic」と同じように7nmプロセスで製造されるため、これまでのどのタブレットやスマホよりも優れたパフォーマンスを発揮する。

現在発表から最初のベンチマークスコアがGeekbenchより明らかになっており、新型「iPad Pro」のパフォーマンスの素晴らしさを確認することができる。

新型「iPad Pro」(2018)のパフォーマンスは15インチ「MacBook Pro」(2018)のパフォーマンスに匹敵する。

新型「iPad Pro」(2018)のベンチマークスコアについて – Geekbench

明らかになった「iPad Pro」のGeekbenchのスコアによると、以前の「iPad」から圧倒的なパフォーマンスの向上が見られている。

シングルコアスコア:5030
マルチコアスコア:17995

このGeekbenchのリストから分かることは新型「iPad Pro」には6GBのメモリが搭載されていることだ。

しかし、6GBのメモリを搭載したモデルはストレージが1TBモデルのものに限られると言われており、その他のモデルのメモリは4GBになるという。

比較対象がないと新型「iPad Pro」のパフォーマンスがわからないため、Appleの15インチ「MacBook Pro」(2018)のGeekbenchスコアを見てみたいと思う。

2018年の「MacBook Pro」にはIntel Core i9が搭載されている。

結果から見ると「MacBook Pro」のスコアのほうが上回っているのだが、その差は僅か。

新型「iPad Pro」が799ドルから購入できるのに対して、「MacBook Pro」は2799ドル必要だ。

「iPad Pro」が3台購入できるという価格差に対して、この僅かなパフォーマンスの差は素直に凄いと言わざるを得ないだろう。

source:MacRumors

また2017年モデルの「iPad Pro」のベンチマークスコアはシングルコアが3913、マルチコアスコアが9327であることを考えると、2018年の新型「iPad Pro」に搭載されている「A12X」チップセットのパフォーマンスの良さが分かるはずだ。

[source Geekbench] 
[via wccftech , MacRumors]