2019年発売の新型「iPhone」は「Face ID」の性能が向上へ

Appleは「iPhone XS」の1つ前のモデルとなる「iPhone X」より指紋認証の「Touch ID」を廃止し、高度な顔認証を実現する「TrueDepth」カメラを搭載し「Face ID」機能を搭載している。

「iPhone XS」の「Face ID」は「iPhone X」のものと大幅な性能向上などはなかったが、Appleが2019年に発売する新型「iPhone」はこの「Face ID」の性能が向上する可能性があるとアナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えた。

Kuo氏によると、新型「iPhone」では「Face ID」の利用時に周りの明るさによる影響を減らすために、より自分の顔をよく写すためのセンサーを利用するという。

「iPhone X」や「iPhone XS」等の現状の「Face ID」では極端に明るい場所や暗い場所では上手く機能しないことがあるが、これによって認証の精度の向上が期待できる。

また、Kuo氏は今後の「iPad」に関する報告もしており、Appleは2019年か2020年に発売する「iPad」や2020年に発売する「iPhone」には「Time of Flight」3Dカメラを搭載する可能性があるという。

Time-of-Flightは、光源から対象物に投げられた光が反射され、戻ってきた時間(Time of Flight)を計測し、そのずれを計算することで奥行きを測定する技術。

引用:ITMedia

「iPhone X」に搭載されている「Face ID」は顔のマッピングのために30,000点以上の赤外線ドットを使用しているが、まだまだ改善の余地はある。

これらの聞き慣れない新技術の導入により、何時でも何処でも正しく利用できるようになることが期待できる。

また、Kuo氏のこれらの報告はAppleが少なくとも2020年、つまり2年後の端末においても変わらず「Face ID」機能を利用し続けることを意味している。

また、先日Appleが発表した新型「iPad Pro」がLightningポートではなく、初めてUSB-Cポートを導入したことから今後の「iPhone」でもUSB-Cを導入する動きが十分考えられる。

[via MacRumors , TheVerge]