OnePlusは最新のフラッグシップモデル「OnePlus 6T」を発売しているが、このスマホには標準で「Android 9.0 Pie」をベースにした「Oxygen OS」がインストールされている。

OnePlusのスマホで「Android 9.0 Pie」へのアップデートが提供されるデバイスは多くの過去モデルも対象となっており、OnePlusスマホの人気に火をつけた「OnePlus 3/3T」までもが対象だ。

既に「OnePlus 6」は「Android 9.0 Pie」をベースにした「Oxygen OS」の安定版アップデートを受け取っているが、最新の情報によると次は「OnePlus 5/5T」になり、もう間もなくベータ版が展開されるという。

「OnePlus 5/5T」向け「Android 9.0 Pie」をベースにした「Oxygen OS」のベータ版がもう間もなくリリース

「OnePlus 6」向けに「Pie」アップデートが展開されたが、「OnePlus 5」や「OnePlus 3」へこのアップデートが降りてくるのはかなり時間がかかるのではないかと言われていたが、最新の情報によるとOnePlusは中国で「OnePlus 5/5T」向けに「Android 9.0 Pie」をベースにした「HydrogenOS」のベータ版をリリースしているようだ。

「HydrogenOS」は日本では馴染みのない名前のOSだが、これは中国向けに発売される「OnePlus」スマホにインストールされるOSだ。

現時点でリリースされているのは「Pie」ベースの「HydrogenOS」のベータ版であるため、一般ユーザーに向けたアップデートではない。

また、記事執筆時点では「Pie」ベースの「Oxygen OS」ベータはリリースされていない。

しかし、OnePlusは今月中に「OnePlus 5/5T」向けに「Oxygen OS」のベータ版をリリースすることが期待されている。

ベータ版をインストールしない多くの一般ユーザーが「OnePlus 5/5T」で「Android 9.0 Pie」を体験するにはもう少し待つ必要があるが、「OnePlus 6」の場合は、ベータ版がリリースされてから比較的早い段階で安定版がリリースされているため、「OnePlus 5/5T」でも早い段階で安定版がリリースされることが期待できるだろう。

11月末より「Oxygen OS」のベータ版がリリースされると仮定した場合、2018年末から2019年はじめにかけて「OnePlus 5/5T」も「Android 9.0 Pie」の安定版を受け取る可能性が高いだろう。

[via Android Soul]

Wonder-Xの最新情報をチェックする