Google「Android」は折りたたみスマホのための機能をネイティブサポートへ – 参入余地の低下による活発化が期待

世界初の折りたたみスマホとしてRoyoleが「FlexPai」を先日公式に発表し、Samsungも現在開催中のSDC2018で同社初となる折りたたみスマホを発表することが期待できる。

これは、他のOEMメーカーも追随して折りたたみスマホを市場に投入してくるのは時間の問題であることを意味しており、折りたたみスマホは新たなトレンドとして認知され始めている。

Googleはこの新しいトレンドをサポートするために公式に「Foldables」と名付けられた折りたたみスマホのカテゴリーに属するAndroidデバイスを公式にサポートすることを発表している。

Googleが現在折りたたみスマホをサポートするための大きな要素の1つは「画面の継続性」(Screen Continuity)と呼ばれるものだという。

これは、ディスプレイを折りたたんだ状態でアプリを使用している時にディスプレイを広げた場合にソフトウェアがシームレスに移行する必要があると言い、現在よりシームレスに折りたたみ体験を提供するための様々な方法を模索している最中だという。

Googleは現在Samsungが2019年初頭に発売を予定している折りたたみスマホでSamsungと密に連携しており、Androidの折りたたみ機能をサポートするための開発を進めているという。

Googleの「Android」が公式に折りたたみスマホを実現するための機能を公式にサポートすることは、ユーザーの操作性向上の面でも優れているが、デベロッパー側の負担が大幅に減少することを意味している。

それによって折りたたみスマホへの参入余地が低下することで、より活発な市場づくりを実現することに繋がるものと考えられる。

[via TheVerge , CNET]