Samsungの折りたたみスマホは先日のSDC2018で発表されることが期待されていたが、残念ながら折りたたみに使用されるディスプレイ技術についてのみの発表に留められた。

このイベントで実際に折りたたみスマホが発表されなかったことから、年内投入が行われない可能性が高い。

では、Samsungの折りたたみスマホはいつ発売されるのかという話だが、現在最新の情報で発売日に関する情報が入ってきている。

Samsungの折りたたみスマホの初期生産台数はSamsungのDJ Koh氏によって100万台になることは正式に明らかにされている。

Samsungの折りたたみスマホの発売はいつになる?

SamsungはSDC2018で期待されていた折りたたみスマホを発表しなかったことから、ほぼ確実に2018年中に市場投入される可能性がないことを意味する。

同社は折りたたみスマホのディスプレイを数ヶ月以内に量産開始することを明らかにしていることも2018年中に投入されないという事からもそれは分かる。

では、発売がいつになるのかという話だが、最新の情報によるとSamsungの折りたたみスマホは2019年3月を予定しているという。

Samsungは2019年2月に開催されるMobile World Congress2019(MWC2019)で通常のフラッグシップモデルとなる「Galaxy S10」を発表・発売する予定だ。

その1ヶ月後に折りたたみスマホを発売する可能性があるという。

また、興味深いことに「Galaxy S10」には5Gネットワーク対応モデルが存在することがこれまでの情報から明らかにされているが、この5G対応モデルも2019年3月頃に一部市場向けに発売する可能性があるという。

もちろん、これらの情報はSamsung公式情報ではないため間違っている可能性があるため話半分で聞いておくことをオススメする。

さて、公式ではないもののSamsungの折りたたみスマホの発売日に関する情報が明らかになったら、次に気になるのは価格だ。

これまでの情報からSamsungの折りたたみスマホは決して安価ではなく、非常に高価な価格設定になることが伝えられていた。

Samsungの折りたたみスマホはいくらになる?

同様のレポートからSamsungの折りたたみスマホの販売価格に関する情報も入ってきている。

その情報によるとSamsungは正確なデバイスの価格を決定していないと伝えているが、少なくとも1700ドル以上にはなる可能性が高いという。

1700ドルは日本円に換算するとほぼ20万円に近い。

高い!と思うかもしれない。いや僕も思う。

しかし、折りたたみスマホはまだ第1世代で広い目で見ればまだまだ初期段階になるため、価格が高価になるのは致し方ない部分なのだ。

そのため、数年後に折りたたみスマホ市場が一般に普及する兆しが見えてくれば更に競争が活発になり、価格も落ち着いてくることが予想できる。

その時が一般消費者が初めて折りたたみスマホを手に取るタイミングなのかもしれない。

パフォーマンスも何もわからないときに20万円ポンと払えるのは、そう簡単にはいない。

とは言えこれらの情報はすべてリークやレポートに基づく情報であり、どれも公式発表の情報でない。そのため話半分に留めておくことをオススメする。

最新情報が入り次第すぐにお伝えしたいと思う。

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする