Samsungの「Galaxy S6」は発売からすでに4年を迎えようとしており、3年間のソフトウェアアップデートのサポート期間を超えているため、定期的なアップデートは行われていない。

しかし現在Samsungは「Galaxy S6」向けに2018年10月のAndroidセキュリティパッチを含むアップデートをリリースしていることが確認された。

このアップデートは2018年10月のセキュリティパッチのみが含まれていると思われ、現在南アフリカで展開されていることが確認されている。

ビルド番号はG920FXXU6ERI1

「Galaxy S6」向けに最新の2018年10月セキュリティアップデート

「Galaxy S6」は発売から3年を超えており、定期的なアップデートの対象デバイスではない。

そのため、今回リリースされた2018年10月のセキュリティパッチを含むアップデートが殆どの市場で展開される可能性は低い。

前回Samsungがリリースした「Galaxy S6」向けのセキュリティアップデートは5月に行われている。

現在は「Galaxy S6」のみに展開されており、「Galaxy S6 Edge」向けには展開されていない。しかし、早い段階で「Galaxy S6 Edge」向けにも同様のアップデートは展開されるものと思われる。

とは言え、「Galaxy S6」と同じようにすべての市場で展開されるものではないと思われる。

「Galaxy S6」等の定期的なアップデートの展開が終了しているデバイスは長い期間AndroidやSamsungアプリの脆弱性を抱えることを意味しているため、特別な理由がない限り最新のセキュリティパッチが自分のデバイスに届いた場合は直ぐにインストールすることをオススメする。

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする