source:Ben Geskin - Twitter

Samsungは2019年に折りたたみスマホとは別にこれまでのナンバリングを引き継いだ「Galaxy S10」を発表する可能性が高い。

「Galaxy S10」はこれまでの流れからいくと2019年2月のMWC2019で発表される可能性が高く、このモデルには2018年のAppleが発表した「iPhone」のように複数モデル展開になると思われる。

「Galaxy S9」でもその前のモデルでもSamsungは「Galaxy S9」と「Galaxy S10+」のようにディスプレイサイズやカメラの搭載枚数などで差別化をした2モデル展開になっていたが、2019年の「Galaxy S10」はここにコストパフォーマンスに優れた「Galaxy S10 SE」(仮称)を発売する可能性が高い。位置づけとしては、「iPhone XR」と同じになるのではないだろうか。

このコスパに優れた「Galaxy S10」は「iPhone XR」と同じように他の2モデルと比べてやや機能やスペック面で劣ることが予想されており、「Galaxy S10」の特徴的な機能の1つになるディスプレイ内指紋認証技術などが差別化対象になるのではないかと伝えられていた。

そしてこのコスパに優れた「Galaxy S10」のスペックや価格に関する情報が明らかにされている。

コスパに優れた「Galaxy S10」のスペック情報 - 「iPhone XR」と同じ位置づけ?

これはスマホやタブレットに関する多くのリークを行うBen Geskin氏が明らかにしたもので、コスパに優れた「Galaxy S10」の価格は以下のようになるという。

「Galaxy S10 SE」は以前にも伝えられていたとおりエッジディスプレイではなくフラットディスプレイを採用し、「Infinity-O」ディスプレイを採用することになるという。

また、カメラは「Galaxy S9+」と同じようにデュアルカメラになるようだ。他の2モデルは背面はトリプルカメラになることが期待されている。

興味深いことに「Galaxy S10 SE」は側面に指紋認証センサーが搭載されると伝えており、これはミドルレンジモデルの「Galaxy A7」(2018)で採用された形だ。

この側面に指紋認証センサーが搭載されることが、ディスプレイ内指紋認証が搭載されないことの裏付けにはならないが、「Galaxy S10 SE」にはディスプレイ内指紋認証が搭載されない可能性が出てきた。

また、メモリは4GBと6GBの2種類からストレージは64GBと128GBの2種類があり、4+64GB / 6+64GB / 6+128GBの3種類から選択できる。

今回の情報で最も気になるのが搭載チップセットだが、「Galaxy S10 SE」はクアルコムの場合「Snapdragon845」か「Snapdragon8150(855)」になる可能性があるという。実際には市場ごとに異なるチップセットになるため「845」の場合は「Exynos9810」のどちらか。「8150」の場合は「Exynos9820」のどちらかが搭載になるはずだ。

2019年に発売するモデルで引き続き「Snapdragon845」を搭載する可能性があるのだろうか。

Appleが発売している3種類の「iPhone」は全て同じ最新7nmプロセスの「A12 Bionic」を採用しているため、コスパに優れた「iPhone XR」も他の2モデルと全く変わらないハイパフォーマンスを持っている。

Samsungが「iPhone XR」をコスパに優れた「Galaxy S10」のライバルと位置づけるのであればここは譲ってはならない部分だと思うのだが…

さて、Ben Geskin氏によると、このSamsungのコスパに優れた「Galaxy S10」は650~750ドルで販売される可能性があるという。

コスト面では「iPhone XR」よりも少し優れているようだ。

とは言えこれらの情報はあくまでもリークに基づくものであり、実際に発売されるものとは異なる可能性も十分ある。

そのため半信半疑で留めておくことをオススメする。

Samsungの最新フラッグシップモデル「Galaxy S10」は2019年2月のMWC2019で発表することが期待されている。

[source BenGeskin / Twitter] 
[via Softpedia]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする