これまでの情報からSamsungが2019年初めに発表する可能性の高い「Galaxy S10」シリーズはディスプレイ左上にカメラ用の小さな穴が設けられた次世代ディスプレイ技術「Infinity-O」が使用される可能性が高く、先日「Infinity-O」ディスプレイの特徴を持った「Galaxy S10」の画面保護ガラスがリークされていた。

毎日新しい情報が明らかにされている「Galaxy S10」だが、現在新しい画面保護ガラスがIce Universeによって明らかにされている。

先日公開された画面保護ガラスも同氏からのリークであった。

「Infinity-O」ディスプレイの特徴を持つ画面保護ガラス

「Galaxy S10」は全面ディスプレイの「New Infinity」ではなく、「Infinity-O」を使用すると言われている。

「New Infinity」と「Infinity-O」の大きな違いは、ディスプレイ左上にカメラ用の小さな穴が存在するというもので、その他の特徴については見る限り殆ど違いはなさそうだ。

それは「Galaxy S10」がカメラ用の穴を除けば、ほぼ全面ディスプレイである事を意味しており、現行「Galaxy S9」よりも更に画面占有率が向上するものと思われる。

今回明らかにされた画面保護ガラスは、恐らく先日同氏が明らかにしたものと同じだと思われるが、今回は動画で周囲を撮影してくれているため、その詳細が分かりやすくなっている。

前回同様、「Galaxy S10」のものと思われるこの画面保護ガラスには上部にスピーカー用の切り欠きが存在するようだ。

また、下部のみベゼルがやや太くなっていることが確認できるが、その他の面に関しては殆どベゼルレス化が完了している。

今回の画面保護ガラスについても公式情報ではなく、リークによるもので実際のものとは異なる可能性があるだろう。

「Galaxy S10」は2019年2月に開催されるMWC2019で発表される可能性が高いとされているため、今後益々多くの情報が明らかにされてくると思われる。

実際の答え合わせは発表イベントまで明らかにならないと思うが、イベントが近づくに連れて多くの情報が明らかになるため、大体の方向性は明らかになるはずだ。

最近は公式プレス画像が発表イベント前に明らかにされることが多くなっているため、実際の答え合わせはイベントよりも前になる可能性もあるだろう。

続報に期待したい。

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする