Samsungは8月に「Galaxy Note9」を発表し、先日より日本でもdocomoauによって正式に取り扱いが開始されている。

価格は正直なところ安くないものの、完成度の高い「Galaxy Note8」から更に磨きがかかったスマホとして全体的な評価は良いと感じる。

現在「Galaxy Note9」には主に3色のカラーリングが存在し、オーシャンブルー(青)、ミッドナイトブラック(黒)、ラベンダーパープル(ピンク・紫)がラインナップとして存在する。(一部市場でシルバーや銅色も存在)

日本のキャリアもこの3色を取り扱っており、docomoはラベンダーパープルを除いた2色展開になっている。

そんな「Galaxy Note9」に白色の新色が台湾で11月23日より発売されることになると台湾の複数メディアによって伝えられている。

「Galaxy Note9」の新色「ピュアホワイト」について

「Galaxy Note9」に用意される白色の新色は「ピュアホワイト」と呼ばれる可能性が高く、他のモデルと同様にカラーリングが異なるだけで、性能や特徴は同じだ。

現時点でSamsungはこの「ピュアホワイト」の取り扱いをアナウンスしていないが、台湾で11月23日より取り扱いが開始されるのであれば近い内に何らかの動きがあるはずだ。

価格についても他のモデルと同様の設定になると思われる。

「Galaxy Note9」に用意される白色の「ピュアホワイト」が日本市場でも取り扱いが行われるのか、またdocomoやauが取り扱うのかは現時点でわからないが、SIMフリー版の購入を検討しているユーザーは癖のない白色のモデルは購入の際の候補の1つとなるのではないだろうか。

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする