Samsungが1世代前のフラッグシップモデル「Galaxy Note8」向けに2018年11月のAndroidセキュリティパッチを含んだ最新のソフトウェアアップデートをリリースしている。

「Galaxy Note8」は2018年11月のセキュリティパッチを受け取った同社最初のスマホで、現行フラッグシップの「Galaxy S9/S9+」や「Galaxy Note9」はまだ11月のセキュリティパッチを受け取っていない。

このアップデートには最新のセキュリティパッチのみが含まれており、その他の機能の追加などは行われていないものの、様々な修正や改善は行われているようだ。

このアップデートのビルド番号はN950FXXS5CRJ6で、アップデート容量は約570MBと比較的大きい。そのため可能であればWi-Fi環境下でこのアップデートをダウンロードすることをオススメする。

「Galaxy Note8」向けにリリースされたこのアップデートは現在ドイツやイタリアなどの欧州地域向けに展開されているようで、段階的に多くの地域で展開されることが予想される。

「Galaxy Note8」向けにリリースした2018年11月のセキュリティパッチについて

Samsungの2018年11月のセキュリティパッチには、11個の重要性の高い「Android OS」の脆弱性の修正と8個のSamsungソフトウェアに含まれている脆弱性の修正が行われている。

その他重要度が様々あるが、多くの脆弱性を修正しデバイスを安全な状態で使用するためのパッチが多く含まれている。

アップデートはOTA経由で展開されるため、多くのユーザーに届けられるにはしばらくの時間がかかるかもしれない。

このアップデートにはセキュリティパッチが含まれているため、特別な理由がない限り、自分のデバイスに届き次第すぐにインストールすることをオススメする。

同社で最初の2018年11月のセキュリティパッチがリリースされたことで、今後多くのデバイス向けに同様のセキュリティパッチを含むアップデートが展開されるはずだ。

[via SamMobile]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする