Wi-Fiの正式名称が既存の「IEEE 802.11○」表記から「Wi-Fi○」に変更へ – 「802.11ac」→「Wi-Fi5」

Wi-Fiアライアンスが次世代Wi-Fi技術「802.11ax」ベースの正式名称を「Wi-Fi6」と今後呼ぶことを正式に発表した。

また、ユーザーフレンドリーの観点から既存のWi-Fiの名前も2世代前まで変更するという。

現在のWi-Fi技術の主流となっている「802.11n」を今後「Wi-Fi4」と呼ぶ。

また5GHzをサポートしている「802.11ac」は今後「Wi-Fi5」と呼ぶことに決めたようだ。

  • 「802.11n」・・・「Wi-Fi4
  • 「802.11ac」・・・「Wi-Fi5
  • 「802.11ax」・・・「Wi-Fi6

今回の名称変更についてWi-Fiアライアンスは、ユーザーがWi-Fi製品やネットワークについてもっと理解しやすくするための新しいアプローチの一環だと言い、今後OSやデバイスメーカーに対してもスペック標記のさいに今回発表された新しい名称を使用するように推奨していくという。

また、スマホのWi-Fi接続時に表示される接続状態を示すアイコンに関しても変更されるといい、今後は以下の画像のように表示されるという。

ネットワークの帯域を毎回気にしているユーザーも多いとは思わないが、どういう特徴を持ったWi-Fiなのかスグに把握できるようになるため、この変更はとても良いものだと感じる。

現時点で「Wi-Fi6」は浸透していないが、2019年より対応製品が発売され始める予定だ。

[via 気になる、記になる, Wi-Fi Alliance]