【Red Dead Redemption2】「PS4」と「Xbox One」の動作環境の違いについて

Rockstarの最新オープンワールドRPG「Red Dead Redemption2」がPS4とXbox One向けに発売され始めている。

PS4には、「PS4」と「PS4 Pro」があり、Xbox Oneには「Xbox One S」と「Xbox One X」があり、「Red Dead Redemption2」も他のゲームと同じようにそれぞれのプラットフォームで動作環境が異なる。

異なる点は基本的に解像度やフレームレート等だ。

結論から言うと最も美しく「Red Dead Redemption2」を楽しむのであれば「Xbox One X」だ。

「Xbox One X」はネイティブ4K解像度で動作し、フレームレートは30FPS固定でプレイすることができる。

「PS4 Pro」についても4K解像度で動作するが、こちらはネイティブ4Kではなく、2160×1920解像度をアップスケーリングしたものになるため、「Xbox One X」と比較して遠くの景色などが少しだけボヤケているように感じる。

価格を抑えながら「Red Dead Redemption2」を楽しむなら

「Red Dead Redemption2」を最も綺麗に動作する為だけに上位モデルを購入するのは価格的に気がひけるよ…という人のために「PS4」と「Xbox One X」の動作環境についても分かる限りで説明したい。

現時点でPS4やXbox Oneを持っていないけど、コストを抑えて美しい映像で「Red Dead Redemption2」を楽しみたいというユーザーにオススメするのは1920×1080解像度で動作する「PS4」になる。

「Xbox One S」は864pで「Red Dead Redemption2」が動作するため、「美しさ」という観点から行くと他のいくつかのモデルと比べると劣ってしまう。

しかし「Xbox One S」は「PS4」と比較してフレームレートが安定しており、「Xbox One S」では「Red Dead Redemption2」は30FPS固定ではないものの比較的安定した動作を実現できるという。

それに対して「PS4」は1920×1080解像度で動作するものの負荷がかかってしまう場面では20FPS辺りまでフレームレートが落ち込むことがあるようだ。

そのため上位モデルではなく標準モデルで「美しさ」を重視するのであれば「PS4」をオススメすることになる。

よりフレームレートが安定した環境でプレイするのであれば「Xbox One S」ということになる。

[via wccftech]