PC版「フォールアウト76」の最小・推奨スペックが明らかに

先日より「フォールアウト76」のベータ版がXbox One向けに開催されており、PS4とPC向けには10月30日より開催される予定だ。

BethesdaのオープンワールドRPGで、シリーズ初のマルチプレイ作品となる「フォールアウト76」の製品版の発売日は全てのプラットフォームで統一されており、2018年11月15日に予定されている。

これまでPC版「フォールアウト76」をプレイするために必要なスペックは明らかにされていなかったが、30日からのベータ版開催に先駆けてBethesdaがシステム要件を明らかにしている。

「フォールアウト76」のPC版に必要なスペックについて

最小スペック

OS: Windows 7/8/10 (64-bit OS required)
CPU: Intel Core i7-4790 3.6 GHz/AMD Ryzen 3 1300X 3.5 GHzと同等
グラボ: NVIDIA GTX780 3GB/AMD Radeon R9 285 2GBと同等
メモリ: 8GB RAM
ストレージ: 60GBの空き容量

推奨スペック

OS: Windows 7/8.1/10
CPU: Intel Core i7-4790 3.6 GHz / AMD Ryzen 5 1500X 3.5 GHz
グラボ: NVIDIA GTX970 4GB / AMD R9 290X 4GB
メモリ: 8GB RAM
ストレージ: 60GBの空き容量

「フォールアウト76」のPC版を快適にプレイするために必要なスペックはGTX970以上であれば問題ないようで、900番代以上のグラボを持っていれば基本的にプレイするのには困らなそうだ。

しかし「フォールアウト76」はマルチプレイ専用で、広範囲に核を落とすことができるなど負荷のかかりやすい要素も入っていることからGTX1070辺りを持っている方がより安定してプレイできそうだ。

またCPU要求が最小・推奨共に同じであることから、ある程度CPU要求が高いことが想定できる。

既に同作品を予約しているプレイヤーは30日より開催される予定のベータ版をプレイしてみて、自分の環境で安定動作が実現可能かどうか判断すれば良いだろう。

予約をしておらず、少し様子を見てからというユーザーはベータ版のベンチマークやレビューを見てから判断してもらえればと思う。

[source Fallout76/FAQ]