Appleの「iPhone XS」が先月より発売されているが、「iPhone XS」はSの年のモデルであるため、「iPhone X」と比べると見た目の面では殆ど変わらない。

スペックだったり、カメラ性能など大幅に向上していることは間違いないのだが、デザインの変更を求めているユーザーも多いはず。

今年の「iPhone」が”Sの年”でマイナーチェンジだったため、2019年に発売されるであろう「iPhone」は今までの流れを見るとメジャーアップデートになるはずだ。

Appleが2019年に発売する「iPhone」のデザインは社内でも最終的には決定されていない時期だが、現在様々な情報をリークしているBen Geskin氏が興味深い情報を明らかにしている。

Ben Geskin氏は2019年にAppleが発売する「iPhone」の試作機(プロトタイプ)の1つと思われる画像を公開しており、その画像によると2019年の新型「iPhone」は現在の「iPhone XS」と比較してとよりコンパクトなノッチが搭載されていることが確認できる。

「iPhone X」より小さなノッチは2つのカメラを1つに統合することによって実現すると言うが、かなり初期段階のリークであるため実際のものとは異なる可能性は大いにあるだろう。

この情報が正しいものであってもこれはあくまでもプロトタイプの1つであり、またApple自身が2019年に発売する「iPhone」のデザインを最終決定するにはどちらにしても早いため、噂程度にとどめておくことをオススメする。

「iPhone」の大きなノッチを避けているユーザーも一定数いると思われるため、上記画像のようにノッチを小さくすることでそういったユーザーを取り込むこともできるかもしれない。

続報に期待したい。

Wonder-Xの最新情報をチェックする