Appleが2018年に発売した「iPhone」は全部で3モデルあり、「iPhone X」のアップグレードモデルとなる「iPhone XS」、それよりも大きなディスプレイを持つ「iPhone XS Max」、そしてもう間もなく発売が予定されているコストパフォーマンスに優れた「iPhone XR」がある。

Appleの計画についてとても精度の高い予測をしているアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleが2019年に発売する「iPhone」も同様に3モデルになる予定だという。

また、用意されるディスプレイについても現在と同じで5.8インチのOLEDディスプレイ(iPhone XS)、6.5インチのOLEDディスプレイ(iPhone XS Max)、そして唯一液晶パネルを使用する6.1インチのLCDディスプレイ(iPhone XR)になるという。

同氏は先日2019年に発売する「iPhone」が現在と同じIP68に準拠した防水防塵性能を備えていると伝えている。

Appleが今年発売した「iPhone」は昨年のアップグレードモデル、つまり「Sの年」だった事から来年発売する「iPhone」には新しい画面サイズを持つモデルが用意される可能性があると言われていたが、Kuo氏によると2019年も今年と同じラインナップを続けるようだ。

これまでに2019年にいくつかの上方が明らかになっているが、ラインナップに関して言及する内容は今回が初めてだ。

これまでに見てきた2019年の「iPhone」に関する内容は、ざっくり以下の通り。

  • 「Touch ID」は引き続き搭載されず「Face ID」一本体制。
  • 特徴的なノッチが小型化されるかもしれない可能性(真偽不明)
  • リアカメラはTrue Depthカメラには搭載しない

つい先月2018年の「iPhone」が発売されたばかりで、来年の「iPhone」の詳細を語るにはあまりに早すぎるため、今後多くの情報を見ていくことでイメージを固めていけたらと思う。

続報に期待したい。

[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう