Appleは10月30日にブルックリンで開催する今年2度目のビッグイベントで新型の「iPad Pro」等を発表する予定だと言われている。

この「iPad Pro」に関する情報はこれまでにいくつか見てきており、よりベゼルレスに近づき現行の「iPad Pro」と比較してデザイン面でも大幅に異なることが示唆されていた。

現在9to5Macがこれまでに聞いてきた情報等を反映した新型「iPad Pro」のレンダリング画像を公開しており、より詳細なデザインや特徴について明らかにされている。

Appleが今年発表すると言われている「iPad Pro」のデザイン(レンダリング画像)について

新型「iPad Pro」は「Face ID」機能を搭載し、デバイス下部に配置されていたホームボタンを廃止する。

これによって「iPad Pro」のベゼルをより狭くすることができる。

「Face ID」を搭載するが、「iPhone」のようなノッチは搭載されず、「Face ID」のためのセンサー類はベゼルに収まるように設計されているという。

また、2018年の「iPad Pro」に搭載される「Face ID」は「iPhone」のものと比較して縦でも横でも機能するという大きな特徴を持っている可能性が高い。

「iPhone」や「iPad」にはAppleのLightningポートが使用されているが、新型の「iPad Pro」はLightningではなくUSB-Cへと移行する可能性が高いことも伝えられている。

予測にはなるが、「iPad Pro」がUSB-Cへと移行することになれば「Apple Pencil」も何かしらのアップグレードが施されるはずだ。

デザイン面としては現在の「iPad」に見られるような丸みを帯びたものではなく、比較的角張ったデザインになり、サイズ展開は11インチと12.9インチになるという。

これらのレンダリング画像はハンガリーのデザイナー、VictorKádár氏が作成したもので、カラーバリエーションは上記画像のものになるという保証はない。

何れにせよAppleは1週間後に新製品発表イベントを控えているため、もう暫く待つことで全てが明らかになるはずだ。

[via 9to5Mac, wccftech]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう