Googleの「Pixel 3/3XL」はワイヤレス充電をサポートしており、発表イベントでこれらのスマホと合わせて「Pixel Stand」が発表された。

「Pixel 3/3XL」はこの「Pixel Stand」を使用することで10Wでワイヤレス充電を行うことができるが、報告によるとサードパーティ製のワイヤレス充電器では、5Wでの低速充電しか行うことができないという。

ユーザーが10WのAnker製ワイヤレス充電器を使用して「Pixel 3」を充電し、充電アプリの"Ampere"を使用してみたところ最大500mAしか供給されていないことを発見した。その後Ankerにこの旨を連絡したところAnkerから以下のような返答があったという。

--- Googleの公式ワイヤレス充電器(Pixel Stand)は、新しく発売された「Pixel 3」と「Pixel 3XL」で10Wの電力を供給することが出来ますが、当社(Anker)のengineerによればPixelはサードパーティ製の充電アクセサリの電源供給を制限するように設定しているようです。
私達の高速ワイヤレス充電器でさえ、5Wの電力しか供給できません。 ---

Also, what we learned is that Google's official wireless charger can provide 10W for the newly-released Pixel 3 and Pixel XL 3, however, according to our quality engineer, Pixel sets a limitation for a third-party charging accessories and we are afraid that even our fast wireless charger can only provide 5W for these 2x devices. Our quality team is to purchase this new models to have a try, once we get a test answer, we will keep the product page updated.

Googleのこの判断は良い判断とは言えず、ライバルとなるSamsungやAppleは行っていない。これを意図的に行っていれば「Pixel Stand」購入へと促す露骨なやり方だが、Android PoliceがGoogleに連絡をとったところそうではないようだ。

その情報によると、Googleは「Pixel 3/3XL」が「Pixel Stand」を使用する時と同じ10Wの電力供給するが、現在「Made for Google」プログラムに基づいてサードパーティ製のワイヤレス充電器でも同じように10W供給するための認定プロセスが進行中だという。

「Made for Google」プログラムとは、発売されている多くのケースやケーブル、ヘッドホン等の様々なアクセサリーがGoogleの厳しい要件を満たしているかどうかを証明するもので、Googleがデバイスとの互換性と安全性を保証するためのプログラムだ。

そのため、Googleによって認定されたサードパーティ製のワイヤレス充電器は今後「Pixel 3/3XL」で「Pixel Stand」と同じように制限無しのフルスピードで動作させることができるようになるということのようだ。

しかし、Google独自の充電用UIは「Pixel Stand」専用となっている。

【11/6更新】11月のアップデートでワイヤレス充電の不具合を修正

Android Policeによると、上記の不具合はGoogleの11月のOTAアップデートで修正されているようだ。

しかし、アップデートのリリースノートにはこのことは記載されておらず、ひっそりと修正された形。

[via AndroidPolice]

Wonder-Xの最新情報をチェックする