「OnePlus 6T」がもう間もなく発表される予定で、ここ数日今までの勢いに増して多くの情報が明らかになってきている。

このスマホに搭載される新しい特徴などはOnePlus公式によっていくつか明かされており、既に「OnePlus 6T」のベンチマークスコアがGeekbenchAnTuTuのリストより明らかにされている。

スペック面では現行を多く引き継ぐことになる「OnePlus 6T」だが、多くの新技術が搭載されることから価格は「OnePlus 6」よりもやや高価になる事が公式情報や多くのリークからほぼ確実視されている。

そんな中、別の情報筋から新たに「OnePlus 6T」の情報が入ってきており、「OnePlus 6T」のカラーリングと欧州地域の販売価格が明らかにされている。

「OnePlus 6T」には通常カラーに加えて紫色(PURPLE)が投入か

情報はIshan Agarawal氏からのもので、「OnePlus 6T」には今までと同じように「ミラーブラック」と「ミッドナイトブラック」が用意されるがここに新たに「パープル(紫)」が投入される可能性が高いという。

あくまでも情報はリークであり、情報元を公開していないためこの情報が正しくない可能性もあるものの、同氏は可能性はかなり高いと付け加えている。

また、上記カラーバリエーションを利用することのできるメモリとストレージの組み合わせと共に欧州地域の販売価格についても明らかにしている。

その情報によると以下の通りだ。

  • OnePlus 6T (ミラーブラック) 6GB + 128GB - 559ユーロ(約71,000円)
  • OnePlus 6T (ミラーブラック/ミッドナイトブラック/パープル) 8GB + 128GB - 589ユーロ(約75,000円)
  • OnePlus 6T (ミッドナイトブラック) 8GB + 256GB - 639ユーロ(約81,000円)

※日本円への変換は10/25日時点の為替レートを使用

基本的な情報はこれまでに見てきたものと殆ど同じだが、新色が投入される可能性があるというのはとても興味深い。

OnePlusのデバイスのカラーリングはとても品質の高いものとしても評価されているため、パープルについても期待できる。

[via wccftech]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする