OnePlusは10月17日に新しいフラッグシップモデルとなる「OnePlus 6T」を発表する予定だと伝えられており、すでにこのスマホの特徴などは明らかにされている。

リークに基づく情報も多いが、公式がティザー映像や画像を公開しているため確実な部分も分かってきている。

既に公式によって明らかにされている「OnePlus 6T」の特徴はいくつかあるが、ディスプレイ内指紋認証(Screen Unlock)の搭載やイヤホンジャックの廃止に伴うバッテリー容量の向上、そしてティザー画像で少しだけ見えていた「水滴ノッチ」の搭載等がある。

他にも「OnePlus 6」と比較して異なる点はあり、実際に我々が認知していない変更点もあると思うが主な変更点はこんな感じ。

この「OnePlus 6T」の特徴などを明らかにするレンダリング画像が以前にリークされ、デザインに関しても明らかになっていたが、新たに「OnePlus 6T」専用のOlixarのケースレンダリングがリークされたことで、改めてデザインについて知ることができた。

また、ケースレンダリングは1種類だけではなくいくつかのバリエーションが有るため、「OnePlus 6T」のケース装着時のイメージを想像するのにも役立つはずだ。

「OnePlus 6T」専用ケース(Olixar)のレンダリング画像

このケースレンダリング画像でも分かるように、「OnePlus 6T」には「水滴ノッチ」が搭載されており、フロント部にはカメラ以外のセンサーなどは確認できない。

そのことから、「OnePlus 6T」には3D顔認識のような機能は搭載されないと思われる。

その代わりに「OnePlus 6T」ではこれまで背面に配置されていた指紋認証センサーを廃止し、ディスプレイをタッチすることで指紋認証を行う技術が搭載される。

また、イヤホンジャックが廃止されることも公式に確認されているが、これによって「OnePlus 6T」は3700mAhのバッテリー容量を搭載することができると伝えられている

他のスペック面は基本的に「OnePlus 6」と同じになる可能性が高く、Snapdragon855や、Snapdragon8150等のような最新チップセットは搭載されない予定だ。

また10月17日に発表が予定されている「OnePlus 6T」の価格についても公式が触れており、現在の「OnePlus 6」と比べるとより高価になるという。

[MobileFun]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする