「OnePlus 6」向けに「Nightscape」を追加する「OxygenOS Beta #6」アップデートがリリース – 安定版も近日中か

OnePlusは「OnePlus 6T」の発表イベントで明らかにしたカメラの新機能「Nightscape」モードは「OnePlus 6」にも実装することを約束していたが、早速「OnePlus 6」向けにOxygenOSのBeta6をリリースしている。

OnePlusがリリースした「OnePlus 6」向け「OxygenOS Beta #6」にはメインとなる「Nightscape」(ナイトモード)や「スタジオライティング」(スタジオ照明)の実装だけでなく、その他様々な変更が行われている。

このアップデートでは「OnePlus 6」に新しいナビゲーションジェスチャーを実装し、いつものように不具合の修正などに加えてUIの改善が行われている。

また、Beta6ではセキュリティパッチも含まれており、最新の2018年11月のAndroidセキュリティパッチが適用される。

OnePlusがリリースしたこの「OxygenOS Beta #6」では様々な点で追加・改善が行われているようだ。

「OnePlus 6」向け「OxygenOS Beta #6」の変更点について

「OnePlus 6」向けにリリースされた「OxygenOS Beta #6」のリリースノートは以下の通りだ。

システム
  • 新しいナビゲーションジェスチャー
  • 携帯電話のUIの改善
  • Androidセキュリティパッチが2018.11に更新されました
  • スクリーンショットエクスペリエンスを向上させるためのUI改善

 

ランチャー
  • 新しいGoogleクイック検索バー

 

カメラ
  • Nightscapeとスタジオの照明を追加

 

ギャラリー
  • 改善された全体的なズームイン/アウト
  • [PHOTO]タブに表示されるサポートされている写真の数
  • 写真を見るときにタイムラインに戻るためのサポートされているスワイプダウンジェスチャー

OnePlusが公開しているリリースノートと、実際にアップデートを受け取ったユーザーが公開しているスクリーンショットでは少しだけ内容が異なり、ユーザーが受け取ったアップデートには「スタジオライティング」機能は含まれていないようだ。

どちらが正しいのかは現時点ではわからない。

これらのアップデートが「OnePlus 6T」の発表イベントから僅か1日で、リリースされた事に素直に驚いている。

しかし、このアップデートはBeta版であり一般ユーザー向けに配信されているアップデートではない。

そのためこのBetaアップデートで致命的な不具合などがないか確認し、修正を終えた後に多くのユーザー向けに同様のアップデートの安定版がリリースされるはずだ。

[via Android Police]