Samsungは間違いなく今後一部のデバイス向けに「Android 9.0 Pie」へのアップデートをリリースする予定だ。

Samsungは公式にPieアップデートに関する情報を明らかにしていないものの、先日「Galaxy S9」上で動作する「Android 9.0 Pie」の初期ビルドが見つかっていることから、近い内に何かしらのアナウンスを行うものと思われる。

そして現在SamsungのPieアップデートに関する新しいいくつかの証拠が見つかっており、もう間もなく沈黙を破る可能性があることを示唆している。

SamsungのGalaxyベータプログラムの米国ページの一部が現在の「Android Oreo」のものではなく「Android Pie」のものへと変わっていることをXDA-Developersが発見している。

変更されているのはFAQページとEULA(使用許諾契約)のページの2つで、Pieのものへと変更が確認されているのは米国のみだ。

現時点で韓国やイギリスのような他の市場向けのページではOreoに関する内容を示している。

Samsungはもう間もなく「Android 9.0 Pie」のベータプログラムに関してアナウンスを行う?

Samsungはここ数年、主要なAndroidのベータプログラムを開催しており、今回Pieに関する内容が発見されたことから「Android 9.0 Pie」に関しても同様にベータプログラムが開催されるものと思われる。

Samsungはここ数年ベータプログラムを11月から開催していることから、現在未更新となっている他の市場のページを更新し、もう間もなく何かしらのアナウンスを行うものと思われる。

日本国内を対象としてベータプログラムが開催されるかどうかは不明。

Samsungが「Android 9.0 Pie」へのアップデートをリリースするのは少なくとも2019年までは行われてないと言われている為、多くのユーザーはまだ暫く待つ必要がありそうだ。

先日「Galaxy S9」で動作する「Android 9.0 Pie」の初期ビルドがリークされたことで、いくつかの変更点が明らかになっている。

[via XDA-Developers]

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする