「Galaxy S10」では有線イヤホンを使用できない可能性が浮上

これまで「Galaxy S10」にはこれまでと同じようにイヤホンジャックが搭載されると言われていたが、最新の情報によるとそうではない可能性が出てきた。

Samsungが2019年に発売することが期待されているフラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズには大きく3つのモデルが存在し、その内の1つがコストパフォーマンスに優れたモデルになると言われている。

Bloombergが伝えるところによると、このコストパフォーマンスに優れた「Galaxy S10」は5.8インチのディスプレイになり、Galaxyの多くが採用しているエッジディスプレイではなくフラットディスプレイになる可能性があると伝えている。

また、「Galaxy S10」シリーズにはディスプレイ内指紋認証技術が使用される可能性がかなり高いものの、このコスパに優れたモデルに関しては搭載されない可能性も考慮する必要があるという。

標準モデルの「Galaxy S10」は5.8インチのエッジディスプレイが採用される可能性が高く、上下のベゼルがほぼないという。これは先日伝えたUPS技術が使用された場合のことを指すと思われる。

コスパに優れたモデル以外の2つの「Galaxy S10/S10+」は背面のカメラが3つのカメラで構成されると伝えられており、前面のカメラは個数は不明なもののこれまでの情報からディスプレイの下にカメラが隠されている可能性がある。

「Galaxy S10+」はより大きな6.44インチのエッジディスプレイを搭載しすると言われており、全ての「Galaxy S10」は最新の「Android 9.0 Pie」で動作する可能性が高い。

また、最も大きなディスプレイを持つ「Galaxy S10+」をベースとした5Gネットワーク対応モデルも開発中であると伝えられており、最新の情報ではSamsungは米国最大の通信キャリア「Verizon」で販売する可能性があるという。この5Gネットワークは一部の市場向けに販売されるものと思われる。

「Galaxy S10」では有線イヤホンが使えない可能性が浮上

また、記事タイトルにもあるように、Samsungは現在イヤホンジャックを搭載していない「Galaxy S10」のプロトタイプを持っていると伝えられている。

そのため現時点でSamsungはイヤホンジャックを搭載するか廃止するか決まっておらず、廃止することも検討しているということだ。

以前出ていた情報ではSamsungは「Galaxy Note10」か「Galaxy S11」よりイヤホンジャックを廃止することを検討していると言われていたが…

「Galaxy S10」でイヤホンジャックを廃止すると、当然有線イヤホンを使用できなくなるが、メリットとしてデバイスのスペースを余分に確保することができる。

これは「Galaxy S10」シリーズにそれだけ多くの新技術やより大きなバッテリーを搭載することができるということを意味する。

そのため、「Galaxy S10」シリーズがイヤホンジャックを廃止するかどうかについてを判断するにはまだ早く、デザインが最終的に決定するタイミングで何かしらの新情報が得られるのではないだろうか。

これらの情報を伝えたBloombergは情報元を明らかにしていないものの、Bloombergが伝えていることもあり信頼性の高い情報元から仕入れたものだと思われる。

続報に期待したい。

[source Bloomberg] 
[via SamMobile]