Sonyが一時代を築いたと言っても過言ではない「PS2」の全てのモデル及び周辺機器の修理の受付が2018年8月31日をもって終了した

「PS2」は2000年3月4日に発売され、2011年には累計出荷台数が全世界で1億5000万台を突破した伝説的なハードだ。

「PS2」から生まれた神ゲーと呼ばれる作品はとても多く、「ファイナルファンタジーX」や「メタルギアソリッド3」、そして「ドラゴンクエストⅧ(8)」等、プレイしたことはないにしても名前を聞いたことは一度はあるのではないだろうか。

個人的には「PS」から「PS2」で圧倒的に向上したゲーム性能だけでなく、「CD・DVD」の再生機能にもお世話になった覚えがある。

「PS2」は後継機種「PS3」が発売されてからも長い間多くのユーザーによって愛されたハードと言える。

「PS2」をプレイすることの出来た初期型の「PS3」もアフターサービスが終了しており、少しずつ過去の作品をプレイできる環境が少なくなってきている。

しかし、「PS2」の過去の作品をプレイする方法は完全に絶たれたわけではなく、一部作品が「PS2ゲームアーカイブス」として発売されている。

ダウンロード版ではプレイすることはできるものの、ディスクで動作するハードは今後間違いなく高騰することが予想される

現在も手元に残っており動作に問題のないハードを持っているユーザーは大切に使ったほうが良いだろう。

18年もの長い間世界中で愛された「PS2」の活躍と手堅いサポートを提供してくれたSonyに感謝したい。

[via ねとらぼ]

Wonder-Xの最新情報をチェックする