先日「Nintendo Switch」向けのファームウェアアップデート6.00の内容に関するリークが行われ、同アップデートの内容のいくつかが明らかにされていた。

また、その時に様々な情報が明らかになったこともあり、任天堂は近いうちに新しいファームウェアアップデート6.00をリリースするのではないかと言われていたが、昨日となる9月19日に任天堂は「Nintendo Switch」向けに最新のファームウェアアップデート6.00をリリースしている。

アップデートの容量は約300MBと比較的コンパクトだ。

また、これまで任天堂は詳細なリリースノートなどは明らかにして来なかったが、今回のファームウェアアップデート6.00では詳細なリリースノートを明らかにしている。

任天堂が公開しているリリースノートは以下より確認することができる。

「Nintendo Switch」向けのファームウェアアップデート6.00の内容について

以下は今回のアップデートでスイッチに変更・及び追加される内容だ。

Nintendo Switch Online の正式サービス開始に対応しました。

「セーブデータお預かり」に対応しました。

  • 「セーブデータお預かり」はNintendo Switch Onlineに加入している間、ご利用いただけます。
  • ゲームソフトのセーブデータをインターネット経由でバックアップすることができます。
  • バックアップの設定や復元は、HOMEメニューで対象ソフトの「オプション」から、または「設定」の「データ管理」から、「セーブデータのオンラインバックアップ」を選んで行えます。
  • 一部のソフトはバックアップに対応していません。

 

「アルバム」に保存されている画面写真をSNSに最大4枚まで同時に投稿できるようにしました。

動画は一度にひとつしか投稿できません。

 

ユーザーに設定できるアイコンを追加しました。

  • 『進め!キノピオ隊長』より6種類を追加しました。

 

ニンテンドーeショップの「ダウンロードできる本体」を「いつもあそぶ本体」に変更しました。

  • 「いつもあそぶ本体」として登録されていない本体でも、同じニンテンドーアカウントが連携されていれば、購入したダウンロードソフトや追加コンテンツが利用できるようになります。

    ご利用には一定の条件があります。くわしくはこちらをご確認ください。

 

「みまもり設定」で設定されている年齢制限に応じて、「ゲームニュース」の視聴も制限されるようにしました。

 

「設定」でUSBキーボードのキー配列を指定できるようにしました。

 

ユーザーに連携しているニンテンドーアカウントを変更できないようにしました。

 

以下を含む、いくつかの問題の修正と動作の安定性、利便性を向上させました。

  • 任天堂ライセンス商品のコントローラーの動作を改善しました。

Wonder-Xの最新情報をチェックする