Appleは昨年「iPhone X」に「Face ID」搭載したことで、指紋認証の「Touch ID」の搭載を廃止した新しい形のデバイスになった。

また、2018年に発表する予定の3種類の「iPhone」についても「iPhone X」をベースとしたデザインになると言われていることから高い確率で、「Touch ID」をサポートしないと見られている。

一部ユーザーからは復活が望まれている指紋認証の「Touch ID」だが、最新の情報によると、指紋認証の復活は難しいのかもしれない。

Apple関連のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、Appleが2018年と2019年に発売する予定だと言われている両方の「iPhone」が「Touch ID」を搭載しないというレポートを明らかにしている。

また最近ではAndroidスマホがディスプレイで指紋認証を行う次世代技術を搭載する流れになってきているが、Appleは2019年に発売する「iPhone」にもこの技術を搭載する予定はないという。

あくまでも現時点での話だが、Appleは2019年の「iPhone」にも、引き続き「iPhone X」に搭載されている「Face ID」を搭載する予定のようだ。

つまり、この機能を搭載しているかしていないかが、AndroidスマホとAppleの「iPhone」の差別化要因の1つになる可能性があるだろう。

またKuo氏のこのレポートが事実であった場合、「Touch ID」を搭載したモデルは「iPhone 8」が最後になる可能性がある。

[via 9to5Mac]

Wonder-Xの最新情報をチェックする