OnePlusは過去5年の間に8つのフラッグシップスマホを開発、販売し世界中の多くのユーザーによって愛される企業へと成長した。

開発したのはスマホだけでなく、これも多くのユーザーによって支持されているOxygenOSも構築している。

OnePlusによるとこれまでの5年間は、シンプル・効率性・インテリジェントな機能を通じて、技術革新がどのように様々な経験(エクスペリエンス)を改善するかについての探求する期間であったという。

それに対し、今後5年間は5Gと人工知能の発展、我々の人生や世界をより良いものへと改善するための探求期間にすると言い、OnePlusはその第一歩として新たなステージに進出することを明らかにした。

OnePlusでは生活を「家庭」、「職場」、「通勤」、「移動」(誤訳であれば申し訳ないです)の4つの主要環境と捉えており、その中でも「家庭」は最も重要だと考えている。

そこでOnePlusは「家庭環境」のレベルを次世代のインテリジェントコネクティビティ(IoT?)に導きたいと考えている。

これを実現するためにOnePlusの優れたフラッグシップデザインや画質、オーディオ体験を提供する新製品を構築すると言い、これを「OnePlus TV」と呼ぶ。

OnePlusはテレビはただ好きな番組を見るためのものではなく、それ以上の遥かに多くの可能性を秘めていると信じているようだ。

OnePlusはこのようにIoTを促進するテレビ、「スマートTV」を発表した。

「OnePlus TV」と呼ばれる新製品に関する詳細については触れられていないが、近い内に何かしらのアナウンスがなされるとものだと思われる。

スマートTVと言うことで、何かしらのOSが搭載されると思われるが、これについても現時点では触れられていない。

しかしながら、多くの場合「Android TV」を搭載する可能性が高いのではないだろうか。

[via AndroidPolice , OnePlus]

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう