Appleは今年6月に開催された「WWDC2018」で新しいmacOS「Mojave」を発表したが、現在Appleは「macOS Mojave に備える」という、最新のmacOSを導入する際に注意しておくべきこと等をまとめたページを公開している。

このページは、最新の「macOS Mojave」と互換性のあるモデルの確認や、ストレージの空き容量の調べ方等についてまとめてある。

また、新しいOSをインストールする際は、バックアップをとっておくことが推奨されるが、このページではバックアップの作成方法などもまとめてあうr.

最新の「macOS Mojave」をインストールすることを検討しているユーザーは基本的な確認事項をこのページ確認しておいたほうが良いかもしれない。

最新の「macOS Mojave」と互換性のあるモデルについて

最新の「macOS Mojave」と互換性のあるモデルは以下の通りだ。

MacBook (Early 2015 以降)
MacBook Air (Mid 2012 以降)
MacBook Pro (Mid 2012 以降)
Mac mini (Late 2012 以降)
iMac (Late 2012 以降)
iMac Pro (全モデル)
Mac Pro (Late 2013、Metal 対応の推奨グラフィックプロセッサ (MSI Gaming Radeon RX 560、Sapphire Radeon PULSE RX 580 など) を搭載した Mid 2010 または Mid 2012 モデル)

Appleは先日最新のiPhoneに搭載される予定の「iOS12」のための同様のページを公開している。

Appleは「iOS12に備える」サポート情報ページを公開!「iOS12」の互換性や準備しておくことを確認しよう!

2018.08.03
[iOS12に備える] [macOS Mojaveに備える]

Wonder-Xの最新情報をチェックする