Appleは秋ごろに最新のiPhoneを3種類リリースすると言われおり、先日その内の2つのモデルを元に作成されたダミーユニットの画像が公開された。

先日公開されたダミーユニットは、6.1インチのLCDパネルを搭載するiPhoneと6.5インチのOLED iPhoneだった。

そして本日多くのリークで有名なOnLeaks氏がTiger Mobilesと協力し、先日のダミーユニットを紹介したハンズオン動画を公開した。

公開された動画や先日のダミーユニットがAppleが秋ごろにリリースする最新のiPhoneのデータを元に作成されたものであるという証拠は現時点でもないが、公開された動画で紹介された2つのiPhoneはやはり現行のiPhone Xに倣ったもののようだ。

6.1インチのLCD iPhoneにはシングルカメラで構成され、6.5インチのOLED iPhoneはデュアルカメラで構成されていることがわかり、両モデルとも明らかにカメラが飛び出ている。

最近のスマホはもはやカメラが飛び出ていることはデフォルトと考えたほうが良さそうだ。

また、両モデルともシルバーのフレームが採用されていることも分かるが、6.1インチのLCD iPhoneは他のモデルと比べて大きなベゼルを持つことになるだろうと言われているが、この動画ではそのベゼルの差については良く分からない

そして今回Tiger Mobilesが公開した動画は上記だけでなく、もう1つ動画を公開している。

MacRumorsによると、これらのダミーユニットは中国のAppleのサプライチェーンから流出した設計図に基づいているという。

また先日Apple関連のリークで制度の高いBen Geskin氏も2つのダミーユニットの写真を公開している。

Appleは2018年秋ごろに6.1インチのLCD iPhone5.8インチと6.5インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した3種類のiPhoneをリリースすることが期待されている。

[via MacRumors]

Wonder-Xの最新情報をチェックする