Appleは秋頃発売する新型iPhoneには3種類のmドエルが用意されると言われており、その中の6.1インチのLCD(液晶)ディスプレイを搭載するモデルはコストパフォーマンスに優れたモデルになると言われている。

このモデルはこれまでに聞いてきたところによると「iPhone 9」と呼ばれる。

基本的に「iPhone 9」は現行の「iPhone X」に倣ったデザインになると言われており、「iPhone 8」と比較すると大きく変更が加えられるモデルになりそうだ。

しかしながら全てが「iPhone X」に準拠したモデルになるわけではなく、いくつかの機能を犠牲にすることでコストパフォーマンスに優れたものにする計画のようだ。

スマホ業界全体に言えることだが、最近のスマホは正直高価だ。

そのためSamsungも2018年にはコストパフォーマンスに優れたモデルを「Galaxy S10」シリーズの1つとして発売すると言われている。

こういったコストパフォーマンスにも優れたハイエンドモデルがAppleやSamsung等から出てくることは多くのユーザーにとって明らかに有効な選択肢の1つになる。

コスパに優れた「iPhone 9」の販売価格は現行モデル「iPhone 8」と同じになる模様+他の2モデルの価格について

最新の情報によると、このコスパに優れた「iPhone 9」は様々な変更が加えられるが、販売価格は現行の「iPhone 8」と同じになる可能性が高いという。

TrendForceによると、「iPhone 9」は699ドルから発売すると言われており、これは「iPhone 8」のストレージが64GBモデルのものと同じ価格だ。

他の2つのモデルの販売価格についても明らかにしており、5.8インチの「iPhone XS」は899ドル~949ドルの間で販売されるという。

最も大きなディスプレイを持つ6.5インチの「iPhone XS Plus」は999ドルからの販売になるようだ。

[TrendForce]

Wonder-Xの最新情報をチェックする