Appleは秋に開催するイベントで3種類の新型「iPhone」を発表する予定だと伝えられている。

Appleが正式な名称を何にするかは議論が繰り返されているが、発表する「iPhone」は6.1インチのLCD(液晶)パネルを搭載する「iPhone9」、5.8インチのOLED(有機EL)パネルを搭載する「iPhone Xs」、そしてハイエンドモデルとなる6.5インチOLED(有機EL)の「iPhone Xs Plus」だ。

今年Appleが発売する「iPhone」は無印のモデルのアップグレード版を発売する「Sの年」だと言われているが、「iPhone X」のデザインをベースにした「iPhone9」や、「iPhone X」よりも更に大きなディスプレイを持つ「iPhone Xs Plus」を発表すると伝えられていることなどから、メジャーアップデートのような注目を感じる。

2018年Appleの「iPhone」の出荷台数は年末までに7000万台に上る見通し!

DigiTimesからの新しいレポートによると、Appleが今年発売する新しい「iPhone」の出荷台数は、「iPhone 6/6 Plus」の発売以来の数になると言われており、年末までに7000-7500万台のデバイスを出荷する予定だという。

Appleが多くのデバイスを出荷することで、恩恵を受ける企業はいくつかあり主要サプライヤーのTSMCやFoxconn等はより多くの利益をもたらすことが期待できる。

またApple関連の情報を取り扱うアナリストMing-Chi Kuo氏のレポートによると、2018年に発売する予定の3種類の「iPhone」の売上比率は以下のようになるという。

6.1インチLCDの「iPhone9」、5.8インチOLEDの「iPhone Xs」、6.5インチOLED「iPhone Xs Plus」の売上比率は、5:2:3になる予定だという。

つまり、同氏の分析によるとAppleが今年最も売り上げるモデルは「iPhone9」になるようだ。

また、Ming-Chi Kuo氏が先日明らかにした今年の「iPhone」の各スペックは以下の通りだ。

2018年9月に発売される予定の3つの「iPhone」の各スペックについて

2018年に発売予定の3種類の新型「iPhone」のスペックまとめ!+「Apple Pencil」のサポートはなし!

2018.08.28
  5.8インチ iPhone Xs 6.5インチ iPhone Xs Plus? 6.1インチ iPhone9
ディスプレイ

有機EL (OLED)

有機EL (OLED) 液晶 (LCD)
解像度 2436×1125 2688×1242 1792×828
CPU A12 A12 A12
メモリ 4GB 4GB 3GB
ストレージ 64/256/512GB 64/256/512GB 64/256GB
SIMスロット デュアルSIM デュアルSIM シングルSIM
リアカメラ

12MP (6P & OIS)

デュアルカメラ

12MP (6P & OIS)

デュアルカメラ

12MP (6P & OIS)

シングルカメラ

バッテリー 2700-2800mAh (2セル) 3300-3400mAh (2セル) 2600-2700mAh (1セル)
筐体 ステンレス ステンレス アルミニウム
カラー 3色 3色 5色
価格 800-899ドル 900-999ドル 600-699ドル
[via DigiTimes]

Wonder-Xの最新情報をチェックする