Appleが9月のイベントで新型の「iPhone」を発表するということは、以前からの情報で明らかになっていたが、その「iPhone」がどういったスペックで、特徴的な機能などについてはわからない部分もあった。

本日Apple関連情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が、最新のレポートで2018年に発売する予定のiPhoneのスペックなどについて明らかにした。

これまでにも聞いてきたが、同氏によるとAppleが秋に発売する3種類の「iPhone」の内、OLED(有機EL)モデルを搭載するモデルに比べて、LCD(液晶)モデルは製造の問題からやや遅れて発売される予定だという。

また今年の「iPhone」のいくつかのモデルはデュアルSIMに対応するという話があったが、引き続きこの分析は生きていると考えているようだ。

基本的にはこれまでに聞いてきた情報と同じと考えて良さそうで、搭載されるチップセットに関しても全てのモデルが最新の「A12」が搭載されるようだ。

以下、Ming-Chi Kuo氏が明らかにしたスペックをまとめてみた。

2018年9月に発売される予定の3つの「iPhone」の各スペックについて

  5.8インチ iPhone Xs 6.5インチ iPhone Xs Plus? 6.1インチ iPhone9
ディスプレイ

有機EL (OLED)

有機EL (OLED) 液晶 (LCD)
解像度 2436×1125 2688×1242 1792×828
CPU A12 A12 A12
メモリ 4GB 4GB 3GB
ストレージ 64/256/512GB 64/256/512GB 64/256GB
SIMスロット デュアルSIM デュアルSIM シングルSIM
リアカメラ

12MP (6P & OIS)

デュアルカメラ

12MP (6P & OIS)

デュアルカメラ

12MP (6P & OIS)

シングルカメラ

バッテリー 2700-2800mAh (2セル) 3300-3400mAh (2セル) 2600-2700mAh (1セル)
筐体 ステンレス ステンレス アルミニウム
カラー 3色 3色 5色
価格 800-899ドル 900-999ドル 600-699ドル

新型「iPhone」が「Apple Pencil」をサポートするかもしれないという噂について

Apple関連の情報を取り扱うことで有名なアナリストMing-Chi Kuo氏は、最新の「iPhone」のスペックや販売時期に関する情報だけでなく、先日噂になっていた「Apple Pencil」に関する情報についても触れ、2018年に発売される「iPhone」が「Apple Pencil」の動作をサポートするという噂について否定的に考えていることを明らかにしている。

[via 9to5Mac]

Wonder-Xの最新情報をチェックする