Appleは2018年秋ごろにiPhoneと一緒に新型のiPadをリリースすると言われている。

その新型iPadの特徴として現時点で明らかになっている点がいくつかあり、その中でも現行モデルと大きく変更になる部分はデザイン部分だと言われている。

新型iPadのデザインはAppleのスマホ「iPhone X」のデザインに倣ったものになると言われており、新型iPadにはホームボタンが廃止され、Face IDを搭載し、iPhone Xのようにベゼルレスデザインを意識したものになると言われている。

上記のレンダリング画像のように新型iPadは、iPhone Xのようにノッチ(切り欠き)が搭載されるモデルになるのか、それともカメラの高さに合わせてbezelが用意されるのかは現時点で明らかになっていない。

現在Appleはデベロッパー向けに最新のiOS12のベータ5をリリースしているが、このプログラムから、これまでに明らかにされている新型iPadの特徴と似ているモデルが発見された。

今回発見されたのは「iOS12 Beta 5」内にホームボタンもノッチも搭載されていないiPadのアイコンだ。

これまでに分かっている新型iPadの特徴として、やはり「iPhone X」のように3.5mmヘッドホン端子を廃止すると言われており、「Smart Connector」の位置が端末下部の背面に移動する可能性があると伝えられていた。

また、デベロッパーのGuilherme Rambo氏が新型iPad ProにはFace IDが搭載されるということをプログラムの中から発見したと伝えている。

Wonder-Xの最新情報をチェックする