Samsungはスマートウォッチ「Gear Sport」向けに新しいソフトウェアアップデートをリリースした。

このアップデートは、先日「Gear S3」にリリースされたアップデート内容と似ている。

「Gear Sport」向けにリリースされたこのアップデートは、バッテリーの充電アルゴリズムを変更して安定性を向上させ、「Gear Sport」のセキュリティを向上させるという。

Samsungが先日リリースした「Gear S3」のソフトウェアアップデートは、Tizen3.0アップデート後に生じていたバッテリーの発熱問題を修正することを目的としており、アップデートの重要度は今回の「Gear Sport」向けのものよりも高かった。

【10/19追記あり】Gear S3で発生していたバッテリーの不具合を修正するアップデートをリリース

2018.07.24

「Gear Sport」にはこのようなバッテリーの発熱問題は発生していないが、このアップデートをインストールすることでバッテリー寿命をより良く改善してくれる。

このアップデートの容量は15.92MBで、ビルド番号はR600XXU1ARG1だ。

最新のアップデートをダウンロードするには、接続しているスマホのSamsung Gearアプリを起動し、設定メニューからアップデートをダウンロードできるはずだ。

Samsungは先日最新のスマートウォッチを「Galaxy Watch」とGearシリーズから改め、リブランドを図った。

「Galaxy Watch」はアメリカで今月24日にリリースすると言われており、多くの地域では10月頃にリリースされる予定だ。

【Galaxy Watch】最大7日持続する大容量バッテリーやLTEモデルを持って生まれ変わる!

2018.08.10

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする