Samsungは今月始め9日に開催されたイベントで「Galaxy Note9」と一緒に新型のスマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。

現行の「Gear S3」の後継機器だが、ネーミングを「Galaxy Watch」へと完全に変更している。

そのことからGoogleのWearOSが搭載されるかもしれないと噂されていたが、「Galaxy Watch」は引き続いてSamsungのTizenOS (4.0)を搭載している。

この「Galaxy Watch」は2つの異なる大きさのモデルが用意されており、ネットワークに関してもBluetoothモデルとLTEモデルが存在する。

Bluetoothモデルの「Galaxy Watch」の価格については発表直後には明らかになっていたが、LTEモデルの方は価格は明らかにされていなかった。

しかし現在米国通信キャリアのT-Mobileの「Galaxy Watch」LTEモデルの価格が明らかになっている。

Samsungが公式に「Galaxy Watch」のT-Mobile版をウェブ上に公開している。

現時点でSamsungは「Galaxy Watch」のLTEモデルに対応するキャリアをT-Mobileのみ公開しているが、順次追加されていくのではないかと思う。

「Galaxy Watch」LTEモデルの価格

「Galaxy Watch」には42mmと46mmの2つの異なる大きさのモデルが存在するが、42mmの「Galaxy Watch」は379.99ドルで購入することができる。

46mmの「Galaxy Watch」は399.99ドルで購入できるようだ。

Bluetoothモデルと比べて結構高価になるのではないかと言われていたが、Bluetoothモデルとの差は僅か50ドルだ。

Bluetoothモデルは46mmが329.99ドル、46mmが349.99ドルで発売される予定だ。

また、Bluetoothモデルの発売予定日は米国は8月24日、韓国は8月31日を予定している。

その他の地域は地域ごとに異なるが、9月14日以降を予定している。

LTEモデルの「Galaxy Watch」は米国の場合、9月2日から出荷予定のようだ。

現在1キャリアのみ公開されている「Galaxy Watch」のLTEモデルだが、「Gear S3」も複数キャリア展開だったことから、1週間もすれば対応キャリアは明らかになるのではないだろうか。

 

Wonder-Xの最新情報をチェックする